文字サイズ

福井ニュース

6期目山本さん「初心に帰り答え」 2区

集まった支持者の握手攻めにあう山本拓さん=鯖江市水落町3の事務所で

写真

 自民前職の山本拓さんは当選確実の報を受け、鯖江市水落町三丁目の事務所に姿を見せた。拍手で迎えた大勢の支持者と万歳三唱し「感慨深い。ここまで育てていただいた皆さまに感謝申し上げたい」と勝利を喜んだ。

 民主党への逆風の中、選挙戦を終始リードした。「民主党政権を続けさせるか、自民党に担わせるか。とにかく政権奪還」と強調。前回選挙で民主候補に惜敗した坂井地区を重点地域に定め、農政連や商工会といった推薦団体の強力な支援を背景に支持を広げた。

 公約の第一に景気回復を掲げ、精力的に個人演説会を開いてきた。農家が多い選挙区で関心が高いTPPについて「交渉参加は断固阻止。日本の農業を守る」と訴えた。

 県内当選者では、最もベテランとなる六期目を迎える。支持者からは大臣待望論も聞かれたが、「初心に帰り、馬車馬のごとくかつ落ち着いて、確実に答えを出す四年間にする」と気持ちを新たにした。

◆民主前職糸川さん 党の再建へ決意

 坂井市丸岡町一本田中にある民主前職、糸川正晃さんの事務所では、小選挙区に続いて比例代表でも落選が確実になると、集まった支持者の顔に落胆の表情が広がった。

 選挙戦では与党での実績とともに、県内課題のさらなる前進を訴え続けたが、厚い保守地盤を切り崩すことはできなかった。事務所に姿を見せた糸川さんは「民主党が何をやりたいかを逃げずに伝えなければ、再浮上はない」と党の再建に取り組む決意を口にした。