文字サイズ

福井ニュース

波乱なく自民圧倒 3区

支持者と握手する高木毅さん=敦賀市木崎の事務所で

写真

 「本当にありがとうございました。それ以上の言葉はございません」。小選挙区で連続五期目の当選を果たした自民前職の高木毅さん。敦賀市木崎の事務所で支持者らと握手を交わし喜び合い、拍手が鳴りやまなかった。

 高木さんは事務所の駐車場で開かれた当選報告会で、しみじみと喜びの心境を報告。「ご支援に応えなければならない思いでいっぱい。五期目の重い立場をいただきしっかりと仕事をさせていただきたい」と語った。

 民主候補に競り勝った前回とは違って、今回は民主への逆風を背に、維新の台頭をものともせず圧倒的な勝利を収め、地域の大きな期待を担って国政へ臨む。

 選挙戦では敦賀、越前、小浜の三市を中心に遊説し旧市町村ごとに十五カ所で個人演説会を開いた。「地元で頑張る方々の所得が伸び、報われる社会をつくる」と景気対策をアピール。安全の確保を前提に原発の当面維持も訴え、保守層を中心に支持を広げた。

◆民主前職松宮さん「実力不足」と陳謝

 「ひとえに私の実力がなかったことに尽きる。本当に申し訳ありませんでした」。越前市千福町の事務所で敗戦の弁を語った民主前職の松宮勲さんは、支援者らの前で深々と頭を下げた。

 遊説では北陸新幹線敦賀延伸など、県政課題の成果を訴えた。しかし保守王国の土地柄に加え、逆風の中では支持が広がらなかった。

 今後については「進むべき道についても、また整理させていただきます」と話し、進退を明言しなかった。