文字サイズ

中部ニュース

不在者投票用紙を箱に入れるミス 名古屋に登録の女性、金沢の“期日前”に

 金沢市選挙管理委員会は十五日、二十代の女性有権者が名古屋市中区から取り寄せた不在者投票用紙を、誤って金沢市の期日前投票箱に入れるミスがあったと発表した。

 市選管によると、女性は金沢市に一時滞在しており、選挙人名簿は名古屋市中区で登録されているという。

 女性は十二日に不在者投票用紙を持って金沢市役所を訪問。選管職員が事前に、投票用紙を記入後、職員に手渡すよう説明したが、封筒ごと投票箱に入れてしまった。本来なら、金沢市選管職員が名古屋市の中区選管へ郵送するはずだった。

 投函された票は開票時に正規の票として扱わず女性も自らのミスを認め、了承しているという。投票箱は開票作業まで開けることはできない。