文字サイズ

中部ニュース

自民 勢いさらに 中部の終盤情勢

 中日新聞社は十二日、衆院選で接戦となっている中部九県(愛知、岐阜、三重、長野、福井、滋賀、石川、富山、静岡)三十選挙区の情勢調査結果をまとめた。序盤情勢の調査(二〜五日)に比べると、優勢の自民党がさらに支持を伸ばし、民主党は低調で、日本維新の会や日本未来の党は伸び悩んでいる。

 ただ、小選挙区の投票先を決めていないのは42・8%。比例代表も39・6%がどこに投票するか未定で、投開票日までに情勢が動く可能性もある。

 調査したほとんどの選挙区で、自民が支持なし層を多く取り込み手堅く支持を広げている。序盤の調査で民主が先行していた愛知3区と滋賀3区、長野2区は、自民がやや優勢。

 民主と自民が競っている愛知5区や愛知8区、岐阜1区では、自民が優位に。長野1区も、民主が自民に差を詰められている。民主は愛知11区と三重2区で優位だが、残る選挙区では自民が着実にリードを広げている。

 比例代表でどの政党に投票するかは、自民が前回の24・4%から上積みして26・6%でトップ。民主は前回の14・9%からやや減らして13・9%、維新も12・7%から11・4%となった。

 公明は前回の4・9%から5・8%へ伸ばし、未来は5・4%(前回5・6%)、みんなの党4・1%(4・2%)、共産党3・5%(3・2%)、社民党1%(0・8%)だった。

 衆院選にどのくらい関心があるかは「大いに」と「ある程度」を合わせて80%で、序盤の78%とあまり変わらなかった。二〇〇九年衆院選では序盤で90%が関心があると答えており、投票率は前回の衆院選(小選挙区は69・3%)より下がる懸念もある。

 ▽調査の方法 中部九県の激戦区を中心に三十選挙区の有権者を対象にコンピューターで無作為に作成した番号に電話をかけるRDD法で実施。調査は九日、十日に実施。各選挙区の目標有効回答数は四百。有権者がいる世帯と判明したのは二万八百七十七件でそのうち一万二千百八十五人から回答を得た。回答率58・4%。調査選挙区は愛知1、3、4、5、7、8、11、12、14、15区。岐阜1、2、3、4区。三重1、2、4区。静岡1、3、7、8区。長野1、2、4区。福井1区。石川1、2区。富山1区。滋賀2、3区。