文字サイズ

全国ニュース

現職8閣僚が落選 現行憲法下で最多

 民主党の藤村修官房長官、田中真紀子文部科学相、連立与党の国民新党幹事長である下地幹郎防災担当相ら計8人の現職閣僚が落選した。現職官房長官の落選は初めてで、3人の現職閣僚が落選した1976、83年衆院選を超え、現憲法下で最多の記録的な敗北となった。

 ほかに落選したのは三井辨雄厚生労働相、小平忠正国家公安委員長、城島光力財務相、中塚一宏金融担当相、樽床伸二総務相。