文字サイズ

全国ニュース

公選法違反容疑で9人逮捕

 警察庁は十五日、衆院選投票二日前(十四日現在)の選挙違反取り締まり状況を発表した。ポスターを破ったり演説を妨害したりした公選法の「自由妨害」で九件を摘発し、九人を逮捕。文書掲示などで二千六百四十五件の警告を出した。うち三十件はネットを利用して支持や投票を呼び掛けた文書頒布だった。

 二〇〇九年八月の前回衆院選と比べると、摘発件数は十件、逮捕者は十一人の減少。警告も四百六十七件減っている。

 警告の内訳は「文書掲示」が二千二百九十一件で前回から五百六件減少し、「文書頒布」は二百六十四件で四十一件増加。