文字サイズ

全国ニュース

各党首ら最後の訴え 発言要旨(上)

◆再生可能エネ普及へ 民主・野田佳彦代表

 2030年代の原発稼働ゼロを目指すため、再生可能エネルギーを普及させないといけない。自民党は物価上昇に頼った経済成長を主張している。公共事業をばらまこうとしている。給料を上げて雇用をつくっていくのがわれわれの考えだ。子育て支援に力を入れる。支える世代の社会保障で年金や医療、介護を揺るぎないものにする。(さいたま市)

◆混乱と停滞に終止符 自民・安倍晋三総裁

 3年3カ月の混乱と停滞に終止符を打つ時だ。まなじりを決し政権奪還を目指す。子どもたちが誇りを持てる日本を取り戻すためだ。日米同盟関係の絆を取り戻す。美しい海を私たちの手で守る強い意志を示す。防衛力を増強する。次元の違う強力な経済政策を進めデフレから必ず脱却する。頑張った人が報われる経済を取り戻そう。(東京・秋葉原)

◆霞が関の無駄なくす 未来・嘉田由紀子代表

 自民、公明両党は争点を隠そうとしている。原発や消費税は争点でないと言っているのは都合が悪いからだ。もう原発をやめてほしい。事故が起きれば日本の美しい水や山、ふるさとが失われる。霞が関にはまだ無駄がある。民主党は無駄をカットしきれなかったが、私は滋賀県知事としてダムや新幹線の新駅をやめた。(東京・渋谷)

◆社会インフラ総点検 公明・山口那津男代表

 民主党政権の3年3カ月の失政をしっかり総括し、同じ間違いを繰り返さないことが今回の選挙の意義だ。経済は停滞、外交は混乱、沈没寸前の状況を招いた民主党政権は糾弾されなければならない。にわかづくりの第三極の政党では政策の実現性は疑わしい。老朽化した社会インフラを総点検し命を守る防災・減災対策をやる。(名古屋市)

◆役人任せの政治ダメ 維新・石原慎太郎代表

 日本には莫大(ばくだい)な個人の金融資産があり、お金がだぶついているのに、役人は使い方が分からない。今までの政府、政治家は役人任せにしてきた。役人に使われてきた自民党は駄目だ。民主党は事業仕分けをしたが、何も出てこなかった。日本は技術を開発するのに優れている。日本には力があるから平成の維新をやろう。(東京・新宿駅東口)

◆増税3兄弟に審判を 共産・志位和夫委員長

 今までの自民党政権、民主党政権は根っこから腐っている。財界中心の政治、米国言いなりの政治を変えよう。消費税の大増税に反対だ。民主、自民、公明3党の「増税3兄弟」に退場の審判を下そう。日本から働く貧困層をなくそう。原発は廃炉が最も現実的だ。憲法改正に反対し、筋を通してぶれないのが共産党だ。(千葉県船橋市)