文字サイズ

全国ニュース

投票終了後に280人取り調べ 警察庁見通し

 警察庁は十五日、衆院選投票終了後に全国の警察が公選法違反容疑で約百十件の捜査に着手し、約二百八十人を取り調べる見通しと明らかにした。

 事件の半数以上は買収の疑いがあるという。二〇〇九年八月の前回衆院選では、投票後一カ月で百九十四件を摘発している。