文字サイズ

全国ニュース

首相が石原・橋下体制を批判 「二またのおろち」

 野田佳彦首相(民主党代表)は五日、大阪府吹田市で日本維新の会の石原慎太郎代表と代表代行の橋下徹大阪市長の関係について「双頭のワシとか言っているが、私には二またのおろちにしか見えない」と指摘。理由として「脱原発と言っていた橋下氏と、原発維持の石原氏が組み、色が見えなくなった。どっちの方向性で考えているのか分からない」と述べた。

 沖縄県・尖閣諸島をめぐる問題も両氏の考え方は異なるとして「そういう政治勢力に将来を委ねられない」と強調した。

 和歌山市での演説では、核兵器保有の研究をすべきだとする石原氏を批判した。「核武装のシミュレーションもするそうだ。そんな危うい人たちに、この国を委ねていいのか」と述べた。