文字サイズ

全国ニュース

首相「比較第1党目指す」

内閣記者会のインタビューで質問に答える野田首相=3日、首相官邸で

写真

 野田佳彦首相は三日、内閣記者会のインタビューで、衆院選について「引き続き民主党が政権を継続できるよう、最後まであきらめずに頑張る。政権を継続するためには、最低限比較第一党になることだ」と述べた。

 首相は比較第一党を目指す理由について「選挙後に(過半数を取れなくても、連立政権で)主導権を取れる」と説明。消費税率引き上げや衆院議員定数の削減などで合意している自民、公明両党との選挙後の連携については「社会保障や定数削減は三党合意を踏まえた対応になるが、他の政策はどうなるか分からない」と述べるにとどめた。

 また、環太平洋連携協定(TPP)に関して、民主党候補の一部が首相の推進方針に反対する発言をしていることについて「完全に得心していない人はいるかもしれないが、公認候補だから、少なくとも(マニフェストに)記載してある線で発言してもらう」と述べた。

 日本未来の党が公約にしている年三十一万二千円支給の子育て支援策について「消費税率の引き上げに反対する中で、財源の説明をしないと説得力がない」と批判した。