文字サイズ

全国ニュース

「石原氏、本音は自民と同じ」 原発問題で石破氏指摘

 自民党の石破茂幹事長は一日、埼玉県富士見市の街頭演説で、日本維新の会の石原慎太郎代表が「原発は二〇三〇年代までにフェードアウト(消失)」と表現した党政策実例を「直させる」と表明したことについて「本音は自民党と同じ。原発ゼロを掲げる維新の代表でいるのはつらいし、苦しいだろう」と述べた。自民党は石原氏が代表だった旧太陽の党と政策が重なる面が多かった。太陽と維新の合併後は自民、維新両党の政策面での「一体化」が目立っている。

 石原氏は三十日の記者会見で「三〇年代に原発をなくすなんて非常に暴論に近い」と発言した。石原氏は本紙のインタビューなどで原発ゼロを目指すことを現時点で否定し、経済的影響を検討した後に原発比率を検討すべきだと主張している。石原氏の主張は「遅くとも十年以内には電源構成のベストミックスを確立する」とした自民党の公約と同じ考えだ。

 両党は改憲を公約に盛り込み、社会保障でも税や社会保険料でなく自己負担の「自助」を軸にする政策で一致している。

 自民党の安倍晋三総裁は三十日の本紙などとのインタビューで、「維新との連携は選択肢の一つ」と述べた。

 逆に「二〇年代原発ゼロ」を公約とするみんなの党などと維新の政策的な距離は広がった。

 みんなの党の渡辺喜美代表は、維新について「結果として(自民党の)補完勢力と言われかねない」と指摘している。

(金杉貴雄)