文字サイズ

全国ニュース

「再稼働は困難。必要もない」 嘉田氏

 日本未来の党代表の嘉田由紀子滋賀県知事は一日、原発の再稼働について「放射性廃棄物の処理が担保されないまま、毎日使用済み核燃料が出ることをどうするのか。今は困難で必要もない」と、認めない考えを示した。都内で記者団に語った。

 これに先立つ民放番組で「原子力規制委員会が安全性を担保し、政府が必要と判断した場合は再稼働になる」と発言し、再稼働容認との見方が一部で出たことに対しては「規制委が安全基準をつくり、(現在の)政府が必要性を判断したら、という手続きの説明をした。誤解を与えたら、おわび申し上げる」と釈明した。

 嘉田氏は安全基準が作成された後の稼働の是非は明言してこなかった。今後示す「卒原発」の具体的なプロセスでの再稼働の可能性については、安全面や経済面で「そう簡単ではない」と否定的な見通しを述べた。