文字サイズ

全国ニュース

刷り直しで投票所入場券配達遅れ 高松市など

 高松市選挙管理委員会は、新党「日本未来の党」を連想させる文が入った啓発チラシを刷り直すため、同封する予定だった衆院選と最高裁裁判官国民審査の投票所入場券の配達が4〜5日遅れると発表した。同様の問題は岡山県倉敷市や島根県などでも起きた。

 問題視されたのは「私たちと日本の未来を決める非常に大切な一票です」という一文。刷り終えたチラシ約18万3000枚を廃棄し作り直すと同時に、入場券も印刷し直す方針。新しいチラシでは問題の文をまるごと削除するか、「未来」を「将来」に変えることを検討しているという。市選管の担当者は「入場券がなくても投票できるので足を運んでほしい」と呼び掛けている。