文字サイズ

富山ニュース

トップ > 2014衆院選 > 富山ニュース

 富山県内の小選挙区は、自民党が全三議席を独占した。分厚い組織力を背景に「自民王国」の牙城を死守し、「一強多弱」がさらに際立つ結果となった。民主党は一九九六年の県連設立以来初めて公認候補を出せず存在感をさらに低下させた。(2014年12月15日) [→記事全文へ]