文字サイズ

長野ニュース

【2区】務台さん連勝 経済活性化へ意欲

当選確実となり、笑顔を見せる務台俊介さん=松本市で

写真

 自民前職の務台俊介さんが議席奪還を狙った民主元職の下条みつさんらを破り、再選を果たした。

 「地域経済を元気にする」と訴え、「山の日」(八月十一日)の祝日新設など議員立法に取り組んだ一期目の実績も前面に押し出した。

 松本市内の報告会場に「当確」が伝わると、務台さんは支持者と握手を交わしながら登壇。「アベノミクスの恩恵を地方にもたらすのが二期目の仕事だ」と意欲を語った。

◆民主・下条さん「努力不足」

落選し支持者にあいさつする下条みつさん=松本市で

写真

 民主元職の下条みつさんは自民前職の務台俊介さんに競り負け、「私の努力不足でこのような結果になった」と敗戦の弁を述べた。

 「アベノミクスは地方には恩恵がない」と安倍政権を厳しく批判。集団的自衛権の行使容認にも反対を訴え、六万票余を獲得したが民主離れも響いて支持が広がらなかった。

 松本市内の事務所に集まった支持者らに「自民党の裏の戦略を訴えたが十分に浸透させられなかった」と語り深々と頭を下げた。

◆維新・百瀬さん、肩落とす

支持者に頭を下げる百瀬智之さん(左)=松本市で

写真

 「今回は大変厳しい結果になった」。維新前職の百瀬智之さんは比例代表での復活もならず、肩を落とした。

 

 

 前回選は自民、民主でない第三極への追い風で比例代表で初当選。組織に頼らない選挙戦を貫き「国会議員が身を切る改革を」と街頭などで訴えた。

 松本市内の事務所で「ご協力いただいた皆さんには申し訳ない。私としてはやりきったという気持ちでいっぱい。次のステップにつなげたい」と語った。

写真