文字サイズ

長野ニュース

【3区】維新・井出さん、初勝利 「羽田王国」切り崩す

支持者と一緒に「勝ったぞ」コールで当選を喜ぶ井出庸生さん=佐久市で

写真

 維新前職の井出庸生さんが、羽田孜元首相の強固な地盤を受け継いだ民主前職の寺島義幸さんらとの激戦を制し、選挙区で初当選を決めた。

 佐久市内のホテルに当選確実の一報が入ると、支持者から大歓声が湧き起こった。井出さんは「政党を変わったことで逆風の選挙だったが、その逆境をバネに変えてもらった」と深く頭を下げた。

 比例復活での初当選から二年間でみんなから結い、維新と渡り歩いた。選挙中は「政党ではなく、個人を応援してほしい」と訴え、元官房長官の祖父一太郎氏らが築いた人脈を生かし、「羽田王国」を切り崩した。

 二期目に向けては「政府に対して、これまで以上に是々非々でチェックをしていく」と意気込みを語った。

◆自民・木内さん、比例で復活

花束を受け取り、支援者と握手を交わす木内均さん=上田市で

写真

 自民前職木内均さんは選挙区で敗れたものの比例で復活当選した。一報が流れると、上田市内の事務所で「再び国会に送っていただきありがとうございます」と語り、支持者に深く頭を下げた。

 初当選後の二年間、党支部や後援会の空白地域に新たに組織を設立し、党勢を立て直してきた。演説では国への陳情の橋渡しなど与党議員としての実績を強調し、「選挙区から与党の議員を」と訴えた。

 選挙戦を振り返り、木内さんは「3区ではアベノミクスの上り坂に差しかかっている実感が薄かったかもしれない」と述べ、選挙区での敗戦に悔しさをにじませた。

◆民主・寺島さん、議席守れず

集まった支援者に頭を下げる寺島義幸さん(左)=上田市で

写真

 二年前の前回選で羽田孜元首相の後を継いだ民主前職の寺島義幸さんが、前職三人の激戦に敗れた。中選挙区時代の一九五八年から続いた「羽田王国」の議席を守りきれなかった。

 落選が伝わると、上田市内の事務所は静まり返った。寺島さんは支援者に深々と頭を下げ、「この地で四十数年間、頑張ってきた羽田先生の志を引き継げなかった。本当に申し訳ない」と悔しさをにじませた。

 後援会「千曲会」は会員の高齢化で動きが鈍かった。羽田元首相の長男で参院議員の雄一郎さんが演説に同行し、二人三脚で浸透を図ろうとしたが、伸びなかった。今後に向け「負けたが有権者の期待は受けた。新たな気持ちで積み重ねていきたい」と語った。

写真