中日新聞プラス
中日新聞 chunichi web
文字サイズ
長野

<戦い終えて>(下)自民 反対層の受け皿に

応援に入った志位和夫委員長と共に、支援者の激励を受ける共産の唐沢千晶さん=長野駅前で

写真

 投開票日の夜、共産の唐沢千晶さん(43)の事務所。支援者十五人が食い入るようにテレビを見詰めていた。十二年ぶりの東京選挙区議席獲得や比例候補の当確が伝えられる度、大きな歓声が上がる。長野選挙区で自民、民主の現職二人の当確が伝えられたが、悲壮感はなかった。

 「暴走する安倍政権にストップをかけてほしいという思いが、私を支持してくださった。比例でも前進。私の負けも決して無駄ではなかった」。敗戦の弁を述べる唐沢さんも、時折笑顔を見せた。

 過去二回の参院選比例代表では、県内の得票数、得票率ともに減少傾向だった。今回は二〇一〇年の前回選より五万票伸ばし、得票率も13・9%と躍進。自民、民主に次ぐ三位に浮上した。

 支持なし層や若年層への浸透が課題だったが、唐沢さんは訴えの中心に非正規など若者の労働問題を据え、改憲や原発再稼働でも自民との対決姿勢を明確化。今井誠党県委員長は「党に縁のなかった人に意識的に働き掛けた」と振り返る。

 投開票日に本紙が県内三十カ所で実施した出口調査では、支持なし層の17%余りが比例で共産に投票したと回答。自民に次ぎ、みんなと同じ数字だった。唐沢さんも「若者層から共感が得られた」と語った。

 今井委員長は原発や改憲問題に市民と共同で取り組む意向を示し、「草の根の運動で国民的世論をつくりたい」と力を込めた。

 ■「第三極」

 昨年末の衆院選で「第三極」と言われ、台風の目となったみんなと維新。みんなは一定の支持を集めたが、維新は伸び悩んだ。

 選挙戦序盤、長野駅前で声をからすみんなの角恵子さん(33)と党の井出庸生衆院議員。二人を維新の県総支部代表、宮沢隆仁衆院議員が見詰めていた。

 当初は参院選での選挙協力を決めた両党だが、維新の橋下徹共同代表の「慰安婦発言」が原因で協力解消。県内で維新は候補擁立を見送った。

 宮沢議員はその後、自身のブログで「私見」としながら角さんへの支持を表明。自民の暴走を防ぐ点などを理由に挙げた。

 宮沢議員の支持表明に、上田市でみんなの渡辺喜美代表は「アジェンダ(政策課題)の一致する範囲でご支援をいただくのは一向に構わないし、ありがたい」と語った。

 県内の比例得票率はみんなが10・2%、維新は8%。宮沢議員は「8%の得票率は非常にありがたい。自民に批判的な一部の有権者の受け皿となった」と話した。

 一定の支持層を持つ両党。今後はいかに野党として存在感を示すのかが問われる。

(この企画は小西数紀、市川泰之、森若奈が担当しました)