中日新聞プラス
中日新聞 chunichi web
文字サイズ
三重

<地殻変動参院選から>(下) 自民、復権へ戦略ピタリ

初当選を万歳三唱で喜ぶ吉川有美さん(中央)。右隣は川崎二郎・自民党県連会長=四日市市の事務所で

写真

 二十一日夜の開票直後に伝わった自民新人吉川有美さん(39)の当選確実の報。間もなく始まった吉川さんの当選あいさつに続き、自民県連の川崎二郎会長がマイクを握り、勝利宣言した。

 「まさに三重県において自民党は復活した」

 民主王国の三重で、自民は二〇〇〇年の補選から参院選五連敗中。ただ、一一年の知事選で推薦候補が接戦で勝利、昨年末の衆院選では過去最多の五人の国会議員を誕生させた。党勢回復への集大成と位置付けたのが今回の参院選だった。

 戦略は、北勢出身の若手を担ぎ出し、民主の岡田克也元副総理のお膝元、北勢地域を切り崩すこと。候補者擁立が三月末と出遅れたが、高い政権支持率と党の組織力を最大限生かすことでカバーした。

 党本部は、安倍晋三首相や石破茂幹事長が二度の県内入りする異例の支援をした。首相が四日市を訪れる際には、東京の大手企業幹部が県内の下請けや関連会社へ声掛けする周到ぶり。北勢地方の選挙に長く携わってきた陣営関係者は、かつては見向きもされなかった企業からの好反応ぶりに「これが自民党の選挙なのか」と驚きを覚えた。

 明確な対立軸をつくれない野党の姿に、ある自民県議は「争点らしい争点は、表に出さないほうがやりやすい」と打ち明けた。吉川さんはアベノミクスによる経済成長と、女性候補ならではの訴えを中心にした。

 知名度不足の候補者本人や具体的な政策よりも、党のイメージに重きを置いた作戦は奏功。果たして、もくろみ通り、北勢地域で競り勝ち、五万票差で逃げ切った。川崎会長は「自民党の総力を挙げて戦った」と選挙戦を振り返った。

 しかし民主王国の三重を、完全に自民へと塗り替えるのはまだ道半ば。自民党県連の水谷隆幹事長は、参院選から一夜明けた二十二日の会見で「今回の勝利は再生を進めるスタート。組織作りをし、流れに乗って党員をもっと増やしたい」と慎重さを崩さなかった。

 県内の自民党員は十五年ほど前、十万人を超えていた。その後の政界再編、野党転落のあおりなどを受け、現在は八千人にまで落ち込んでいる。

 「おごることなく対応していかないと、また支持は離れていく」

 復権への手応えも、また、追い風があってこそと自認している。

(この連載は加藤弘二、河北彬光、安藤孝憲が担当しました)