見極める 票ナビ100の質問

藤沢さん「力不足」出遅れ響き票伸ばせず

2013年4月22日

 「ひとえに私の力不足、申し訳ありませんでした」。元自民党市議の藤沢忠将さん(43)は午後八時十五分ごろ、名古屋市東区の事務所で支援者百人を前に何度も深く頭を下げた。

 告示一カ月前に出馬を表明。市民税減税を廃止し、その財源を経済対策や福祉政策へ振り向けるよう訴えてきた。自民本部から小泉進次郎衆院議員ら大物が応援のため現地入りしたが、最後まで出遅れが響き、票を伸ばすことができなかった。

 選挙戦を振り返り「恥ずかしいとは思っていない、政治家として堂々と思いを訴えた」と強調。圧勝した現職の河村たかしさんには「決して百パーセントの信任を得たわけではない。その辺をくみ取って、市政運営をしてもらいたい」と注文した。

 最後は、自らに言い聞かせるように「暗い顔をしていてはいけない。政治は終わったわけではない」。「今後四年間、地べたをはいずり回って努力する」と、次期市長選への再出馬もにおわせた。