愛知

「教育無償化進める」 民進・斎藤さん、2期目へ抱負

2016年7月11日

自身のイメージキャラクターのぬいぐるみを手に喜ぶ斎藤嘉隆さん=名古屋市中区で

写真

 早々と再選を決めた斎藤嘉隆さん(民進現職)。午後八時十五分すぎ、名古屋市中区の事務所に、いつもの爽やかな笑顔で現れた。「皆さんに具体的に恩返しをするため、これまでの六年間以上に仕事をさせていただきたい」と支援者と喜びを分かち合った。

 自身も副会長を務めた連合愛知の支援を受け、一年以上前から加盟労組の会合を小まめに回った。組織票に加え、一期六年の実績。手堅い戦いを進めたが、「民主」から「民進」へ、直前の党名変更に「最初は戸惑いがあった」とも。

 大学生の次女花穂さん(20)から花束を受け取り、抱き合い、互いに照れ笑い。元小学校教員として「教育の無償化など、人への投資を一歩でも二歩でも進めたい」と二期目への抱負を語った。

 選挙戦を通じて一貫して批判してきた改憲に話題が及ぶと、危機感をあらわに。改憲勢力の勝利が次々と伝えられ、「これから厳しい論戦が始まる」と表情が一変した。

主な政党の公約

新聞購読のご案内