文字サイズ
紙面記事

ロドリゲスが得点王に

写真

 【ブラジルW杯本社取材団】サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会最終日は13日(日本時間14日)、リオデジャネイロで決勝が行われ、ドイツが延長戦の末、アルゼンチンに1−0で競り勝ち、西ドイツ時代の1990年イタリア大会以来24年ぶり4度目の世界一に輝いた。途中出場のゲッツェが延長後半8分に決勝点を挙げた。

 欧州勢としては南米開催の大会を初制覇し、3大会連続で頂点に立った。ドイツの優勝回数4度は、5度のブラジルに次いで歴代2位となり、イタリアと並んだ。アルゼンチンは86年メキシコ大会以来3度目の優勝はならなかった。

 大会の最優秀選手「ゴールデンボール賞」はメッシ(アルゼンチン)、最優秀GK「ゴールデングローブ賞」はノイアー(ドイツ)が選ばれた。6ゴールを挙げたロドリゲス(コロンビア)が得点王となり「ゴールデンブーツ賞」を獲得。21歳以下の若手選手に贈られる「ヤングプレーヤー賞」にはポグバ(フランス)が輝き、フェアプレー賞はコロンビアが受賞した。次回2018年大会はロシアで開催される。