中日新聞プラス
中日新聞 CHUNICHI Web
文字サイズ
パラリンピック 紙面記事

冬の熱戦に幕 ソチ・パラ五輪

 【ソチ=斎藤雄介】冬季パラリンピック・ソチ大会は十六日夜(日本時間十七日未明)、当地のフィシュト五輪スタジアムで閉会式が行われた。十日間にわたる「平和の祭典」が幕を閉じた。

 式は開会式と同じく、「2014」にちなんだ現地時間の午後八時十四分にスタート。ロシア生まれのテレビゲーム「テトリス」の巨大なブロックで作られた「IMPOSSIBLE(不可能)」の文字が、車いすの男性の手によって「I’M POSSIBLE(私はできる)」に変わる演出が披露された。

 閉会式で日本は、アルペン男子座位で二冠に輝いた狩野亮(あきら)(28)=長野市、マルハン=が旗手を務めた。選手たちはリラックスした表情で、各国の旗手らの入場行進を見守った。

 次回の冬季大会は二〇一八年、韓国の平昌(ピョンチャン)で開かれる。