中日新聞プラス
中日新聞 CHUNICHI Web
文字サイズ
オリンピック 紙面記事

雪と氷に刻んだ言葉

◆「私は老いたがまだまだできる」

 フィギュアスケート団体の男子ショートプログラム(SP)で2位となった31歳のエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)

◆「普段の試合より冷静だった。応援が力になった」

 15歳ながらフィギュア団体で開催国の金メダルに貢献したユリア・リプニツカヤ(ロシア)

◆「技術的なトラブルだが、コメントしたくない」

 開会式の五輪マークが開かず「四輪」になった原因を問われた五輪組織委のダニス・ベスナザロフ広報担当

◆「達成感はマックスです」

 フリースタイルスキー女子モーグルで4位、5度目の挑戦もメダルに届かなかった上村愛子(北野建設)

◆「金メダルが絶対だったので、申し訳ないです。旅費を全部払いたい」

 スピードスケート男子500メートルで6位に終わった長島圭一郎(日本電産サンキョー)が応援団に頭を下げながら

◆「4年間やってきたことは、すべてソチのリンクにぶつけられた。次につながる学びになった」

 スピードスケート女子500メートルで5位、1000メートルで13位に終わった小平奈緒(相沢病院)

◆「日本初メダル、最年少と、歴史になりそうなものをつくれて良かった」

 スノーボード男子ハーフパイプ(HP)2位で同競技日本初のメダルを獲得した15歳の平野歩夢(バートン)

◆「初めちょっと緊張したけど、時間がたつにつれてむっちゃ楽しかった」

 スノーボード男子HPで銅メダルの平岡卓(フッド)

◆「今回の結果がキャリアを台無しにするとは思わない」

 スノーボード男子HPで3連覇を逃したショーン・ホワイト(米国)

◆「思い通りに飛べなかった。精神的な弱さだと思う」

 ジャンプ女子で4位の高梨沙羅(クラレ)

◆「考え方が似ていて仲がいいの。だから最高の気分」 「こんなにすごい選手と金メダルを分けられて光栄」

 アルペンスキー女子滑降で五輪のアルペン初となる同タイムでの優勝を飾ったティナ・マゼ(スロベニア)とドミニク・ギザン(スイス)

◆「メダルより号泣のニュースの方が大きかったようですね。(日本複合陣の)20年間の苦労がみなさんに伝わったと思う」

 ノルディックスキー複合個人ノーマルヒルで銀メダルの渡部暁斗(北野建設)が、テレビ番組で涙を見せた元代表の荻原次晴さんに触れて

◆「自分たちは強いと思ってやってきたが、そう簡単じゃなかった」

 1次リーグで3戦全敗したアイスホッケー女子日本代表の中村亜実(西武)

◆「よ・し・だ、って、私のことみたいでうれしかった」

 カーリング女子1次リーグで「ロ・シ・ア」コールの中で開催国を破った日本のセカンド吉田知那美(北海道銀行)

◆「ゴールドメダリストにはなれたけど、僕一人が頑張っても直接、復興の助けにはならない。無力感がある」

 フィギュア男子で金メダルの羽生結弦(ANA)が、故郷仙台を思い

◆「今日が『火の鳥再臨編』、個人戦は『火の鳥大飛翔(ひしょう)編』です。次は聖火とともに宇宙まで飛んでいきたい」(フィギュア団体男子フリー) 「明日は逆バレンタインデーをお届けする」(男子SP)  「泥くさい演技だったが、最後まで強さを維持した自分を誇りに思う」(男子フリー)

 フィギュア男子で5位入賞の町田樹(関大)

◆「気持ちは出し切ったが、演技は出し切れていない」

 フィギュア男子で6位の高橋大輔(関大大学院)

◆「ショーン・ホワイトでさえミスをする。がっかりしているが人生は続いていく」

 フィギュア男子で世界選手権3連覇中ながら2位に終わったパトリック・チャン(カナダ)

◆「涙を出す用意をしてましたけど、やはりゴールドメダルじゃないと出ないですね」

 ジャンプラージヒルで銀メダルを獲得し、冬季五輪で日本人最年長メダリストとなった葛西紀明(土屋ホーム)

◆「同じような病気に苦しむ人に元気を届けたい」

 ジャンプ団体銅メダルの竹内択(北野建設)が、難病「アレルギー性肉芽腫性血管炎」を患っている可能性が高いと明かす

◆「彼女はがっかりしていたけど、僕のメダルを見て少しでも喜んでくれれば」

 スピードスケート男子1万メートル優勝のヨリット・ベルグスマ(オランダ)が、婚約者で女子1000メートルのメダルを逃したヘザー・リチャードソン(米国)を思いやり

◆「(表彰台より)ここまでやってきたことの方が価値がある」

 4大会目の出場でスノーボード女子パラレル大回転の銀メダルを手にした竹内智香(広島ガス)

◆「できると思ってやって、これが自分がやろうと思っていた構成なので良かった。たくさんの人に支えてもらったので、恩返しもできたのではないかと思う」(フィギュア女子フリー) 「バンクーバーと二つ合わせて、私の中では最高の五輪だったなという気持ち」(エキシビション)

 フリーでトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決め、6位入賞の浅田真央(中京大)

◆「私は恵まれたスケーターだった。遅咲きでも、頑張れることが未来のスケーターたちに少しでも伝われば」

 フィギュア女子8位の鈴木明子(邦和スポーツランド)が現役生活を振り返り

◆「これは説明しがたい感覚」

 フィギュア女子でロシア史上初の金メダルに輝いたアデリナ・ソトニコワ

◆「浅田が泣きそうな時は、私もこみ上げてくる」

 フィギュア女子で銀メダルのキムヨナ(韓国)が競技翌日、日本のライバルについて問われ

◆「表彰台に立てると思わなかったら転向しなかった」

 アルペン種目から転向3年目でフリースタイルスキー女子HPの銅メダルを獲得した小野塚彩那(石打丸山ク)

◆「自分の国で多くの人が亡くなっている時に五輪に参加したくない。私の心はデモが行われている広場にある」

 母国での反政権デモと治安部隊の衝突に抗議し、アルペンスキー女子回転の出場を取りやめたボグダナ・マツォツカ(ウクライナ)

◆「素晴らしい先輩から学んだおかげで今がある。でも第二の誰かになるつもりはない。金メダリストはミカエラ・シフリンよ」

 アルペンスキー女子回転で史上最年少優勝の18歳、ミカエラ・シフリン(米国)が欠場した母国の英雄リンゼイ・ボンに触れて

◆「活躍の場を与えてくれたロシアに感謝している」

 韓国から国籍変更し、スピードスケート・ショートトラック男子500メートルを含め3冠を達成したビクトル・アン(ロシア)

◆「自分たちのやっていることは正直正しいのか考えないといけない」

 同種目で準決勝敗退の坂下里士(トヨタ自動車)が、メダルゼロに終わったショートトラックの代表選考に触れ

◆「遊ぶ時間を削り、食べたい物を食べず、買いたい物を買わず、人生を懸けても勝てない。五輪って本当に難しいな」

 アルペンスキー男子回転、現役最後のシーズンの五輪を途中棄権で終えた佐々木明(ICI石井スポーツ)

◆「得点力に疑問符が付いていたけど、自分たちを信じて、誰も、何も変えなかった」

 アイスホッケー男子で連覇を果たしたカナダの主将、シドニー・クロスビー