トップ > 北陸中日新聞から > 能登半島地震特集 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

能登半島地震特集

あの日から2年−3・25能登半島地震(7)

地震から2年、趣味の切り絵に心が向き始めた本久幸寸計さん(左)と喜ぶ妻洋子さん=石川県志賀町富来領家町の自宅で

写真

趣味再び少しずつ

切り絵に没頭 安らぎ

 石川県志賀町富来領家町の本久幸寸計(ほんきゅうこうすけ)さん(73)は地震から二年たって、ようやく趣味の世界に心が向きつつある。

 妻洋子さん(68)と二人暮らし。切り絵と筆ペン、木工の教室に通うのを楽しみにする日々は、地震の日から途絶えていた。

 地震が起きた三月二十五日は春休みの日曜。子と孫が遊びに来ていた。前日少しばかり夜更かしして遅めの朝食のひととき。煮え立ったやかんがはね、目前でテレビが倒れた。家の戸はほとんど傾き、風呂や脱衣所、台所の外壁が崩れ、ボイラーも壊れた。

 趣味どころではない。ペンもナイフも持つ気になれなかった。「気持ちが落ち着くまではできないね」とため息をついた。

 自宅と仮設住宅を往復する日々。洋子さんは涙もろくなった。「見舞いに訪ねてくれる人がいると、もう、それだけで胸がいっぱいになって…」。近所の呉服洋品店へ行き、「皆と話すことで心が落ち着いた」と言う。

 幸寸計さんは四日に一回、シルバー人材センターのアルバイトに出る傍ら、気持ちを奮い立たせて家を直した。

 「もう、大きなうち(家)はいらんわいね」。夫婦の共通した思い。子や孫がいる金沢へ行こうかと話もした。しかし、やっぱり家を離れたくない。二人の結論だった。

 「また揺れるんじゃないかという怖さは今もある」。恐怖の記憶は消えない。それでも二年の月日が少しずつ日常に近づける。

 地震から二度目の冬。幸寸計さんは最近、カレンダーの浮世絵を見て「これをやってみようかな」と思った。江戸時代後期の浮世絵師、鳥文斎栄之作の「円窓九美人図」。意欲がわいてきた。

 切り絵作品に向かうのは主に夜。特殊な眼鏡をかけナイフの先に神経を集中する。何やらゴソゴソやっている様子が電気スタンドの明かりに浮かぶ。

 「しばらくそんな気持ちにならないのかなと思っていたので、ほっとした。うれしかった」。洋子さんはその姿を何より待ち望んでいた。 (志賀・小塚泉)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索