トップ > 北陸中日新聞から > 能登半島地震特集 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

能登半島地震特集

あの日から2年−3・25能登半島地震(3)

現在も職場の軟式野球チームに所属する元門前高校のエース・山本健太さん=石川県輪島市門前町道下で

写真

球春 故郷に再び

元エース、苦境バネに

 山本健太さん(19)は建設機械大手「コマツ」の粟津工場(石川県小松市)に勤務する。工場は折からの不況で減産に入った。期間社員の削減が打ち出される中、正社員の山本さんも二月の平日に四日間の休みを取った。三月も状況は変わっていない。

 「職場の先輩から景気には波があると聞かされている」と山本さんは意に介さない。苦境の後に、得難い経験があると知っているから。思い出すのは二〇〇七年七月十四日のことだ。

 山本さんは石川県立野球場(金沢市)のマウンドに立っていた。甲子園への県予選一回戦。それも大会の初戦だった。多くの新聞、テレビが山本さんのチーム「門前高校野球部」に注目した。四カ月前に発生した能登半島地震を乗り越えて、出場したからだった。

 山本さんも被災者だった。同県輪島市門前町道下(とうげ)の自宅は大規模半壊し、家族五人で仮設住宅暮らしをしていた。環境に慣れず、練習を終えて帰宅しても疲れはとれなかった。二十二人の部員のうち、三人が同じ境遇にいた。

 そして、エースとして最後の夏を迎えた。「注目されてうれしかった。重圧は感じていなかった」。言葉通り一回戦の勝利に貢献し、二回戦でも強豪に善戦した。「テレビで見たよ」「勝っておめでとう」と、仮設で見知らぬ人から声をかけられた。「この二年間で一番うれしかった」と、地震の後に思わぬ喜びを感じた。

 野球への思いは今も強い。入社とともに丸刈りにした髪は、「この方が楽でいい」と高校球児のように短いまま。職場の先輩に誘われ、軟式野球チームに入った。愛車の軽乗用車にはグラブを積む。練習が始まる春が待ち遠しい。

 地元・門前の人を勇気づけることができた当時のメンバーで、もう一度野球をしたい。そう願う。「地震もあったし、不況もあるけど何とも思っとらん。人生いろいろなことがある方が楽しいし、刺激になる」。元球児は苦境を力にし、野球に打ち込んでいた時のまま生きている。

  (穴水・島崎勝弘)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索