トップ > 北陸中日新聞から > 能登半島地震特集 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

能登半島地震特集

二度目の夏−能登の被災地から(6) “天の声”で再出発

妻の実家で祖父の漆器製品の補修を進める輪島塗の塗師屋坂下光宏さん=石川県穴水町で

写真

守りたい塗師屋の看板

 輪島塗の塗師屋、坂下光宏さん(46)=坂下漆器店主=は昨年七月から、震災で壊れた石川県輪島市河井町の自宅・工房を離れて、同県穴水町鵜島にある妻美佐子さん(46)の実家に身を寄せている。今は間借りの六畳一間が作業場だ。

 昨年三月の能登半島地震は一家四人の生活を一変させた。築百年を超す木造家屋は柱が折れるなど大規模半壊。工房として使用してきた土蔵も全壊した。

 不幸は重なった。震災から四日後、父利雄さん(享年七十九)が死去。葬儀を済ませる間もなく、自宅や土蔵の修復に追われた。

 今の仕事場は、三十畳あった従来の仕事場と比べると手狭だ。でも、仕事ができる喜びには代えられない。

 地元の高校を卒業後、ずっと輪島塗の仕事に携わってきた。地震をきっかけに、同世代の仕事仲間が輪島塗の職人を辞め、先輩が工房の再建をあきらめた。「自分まで辞めてしまったら、誰が残るんだろう」

 そうした思いでいたころ、決意を後押しする注文が舞い込んだ。手提げ重の修理。それは祖父の故増太郎さんの手による輪島塗だった。

 重は百年ほど前に作られ、輪島からパラオに渡り、今は東京在住の人の手元にあった。重の角が欠けてきているが、補修すればまだまだ使える。

 「祖父は私が三歳の時、七十歳で亡くなりました。正月までには何とか直してあげたい」と坂下さん。三代続く塗師屋の看板を下ろすなとの“天の声”にも思える縁だった。

 自宅も土蔵も取り壊して建て直すのではなく、修復する方法を選んだ。年内には自宅に戻り、再び輪島で仕事を再開したいというのが一家の願いだ。

 震災から二度目の夏、坂下さんは「あっという間だった」と慌ただしかった日々を振り返り、今は再建への思いがひしひしと高まっている。

  (穴水通信部・島崎勝弘)    =終わり

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索