トップ > 北陸中日新聞から > お知らせ > 記事

ここから本文

お知らせ

「あみたんタイムズ」始まります

「カノン」(右)と「セシル」

写真

 北陸中日新聞は22日から、富山県高岡市の観光大使「あみたん娘」のキャラクターが活躍する4こま漫画「あみたんタイムズ」を、北陸経済面で毎週金曜日に掲載します。

 あみたん娘のキャラクターは、同市や民間有志でつくる「TR@P実行委員会」が2011年に制作。高岡大仏の化身「あみたん」と2人の女の子「カノン」「セシル」が登場します。

 キャラクターデザインは、高岡市出身の人気アニメーターの松原秀典さんが担当。松原さんは、アニメ「エヴァンゲリヲン新劇場版」やゲーム「サクラ大戦シリーズ」を手掛けています。4こま版は、原作は酒井直行さんが担当し、漫画は富山県出身のSANAさんが描きます。

 「あみたんタイムズ」では、カノンとセシルが新聞記者として、富山県内をはじめ、石川県の能登地方や岐阜県の飛騨地方のグルメや観光地を取材し、面白く紹介します。

22日 北陸経済面でスタート

 北陸中日新聞の北陸経済面で、22日からスタートする毎週金曜連載の4こま漫画「あみたんタイムズ」。富山県高岡市観光大使のイメージキャラクター「あみたん娘」が新聞記者として、富山県を中心に石川県能登地方、岐阜県飛騨地方のグルメや観光スポットを紹介する。作品を通じ、飛越能地域の活性化を願う原作者の酒井直行さんと漫画担当で富山県出身のSANAさんに思いを語ってもらった。

 「あみたん娘」とは… 高岡市の活性化のため、市民有志でつくるTR@P(Takaoka Real Attraction Project)が2011年に発表したイメージキャラクター。実際には、アニメーターの松原秀典さんが制作した。力を失ったとされる高岡大仏の化身「あみたん」と小学生の女の子「かのん」「せしる」が高岡を元気にするために活躍する設定で、イベントでは、コスプレの女性も参加している。スマートフォンの人気アプリ「パズル&ドラゴンズ」にも登場する。

写真

 あみたん/阿弥貴 高岡大仏の化身。大仏の正式名「銅造阿弥陀如来座像(あみだにょらいざぞう)」が名前の由来。普段は身長40センチだが、「阿弥貴(あみたか)」に変身すると180センチのイケメンになる。趣味は座禅。宙に浮けることから歩くのは苦手。人々の笑顔が好きで、活気のないところは嫌い。

 
写真

 カノン/かのん あみたんから力を授けられた女の子「かのん」が変身すると身長162センチの「カノン」に。「阿弥陀三尊」として阿弥陀如来と一緒にまつられる「観音菩薩(かんのんぼさつ)」から命名。明るく活発で好奇心旺盛な半面、じっとおとなしくしているのは苦手。お祭りなどにぎやかなところが大好き。嫌いなのは計算と虫。

 
写真

 セシル/せしる かのんと一緒に力を授かった小学生の女の子「せしる」が、変身で身長158センチの「セシル」になる。「阿弥陀三尊」の一つ「勢至菩薩(せいしぼさつ)」が名前の由来。面倒見がよく、落ち着いて考えてから行動する性格。趣味は旅行とアニメ観賞。早起き、雷、おばけが苦手。

 

酒井直行(さかい・なおゆき) 作家・脚本家・作詞家・プロデューサー。松山市出身。1992年放映の特撮ヒーロー番組「特捜エクシードラフト」で脚本家として活動を始め、テレビや映画の脚本家や漫画の原作、小説などさまざまな分野で活躍。ドラえもんの脚本も担当した。2010年からは、松山市を拠点にするご当地アイドル「ひめキュンフルーツ缶」(2013年にメジャーデビュー)の企画立ち上げに参画した。

写真

読者の「あみたん」を

原作者 酒井直行さん

 −あみたん娘にかかわるようになったのは。

 酒井 キャラクター発表の1年後ぐらいから。松山市でご当地アイドルの運営に参画した体験を、経済産業省の研究会で発表したところ、あみたん娘を通して地域づくりする人たちから相談があった。「キャラクターは松原さんが作ったけれど、キャラクターだけでは世界観がない。世界観があるからキャラの幅が広がり、ファンもできる」と助言したら、世界観をつくってほしいと依頼された。

 −引き受けた理由は。

 酒井 「地域の事情が分からないので、地元出身の作家か脚本家に頼んだ方がいい」と最初は断った。でも、他に候補がいないということで引き受けた。

 高岡を初めて訪れた時の印象もある。自分は愛媛県宇和島市で生まれ、松山市で育ったが、高岡は20年ぐらい前の宇和島に似ている。今の宇和島は活気がなく厳しい状況。高岡もこのままだと同じ道を歩むが、まだ持ち直すことができると感じ、その手伝いをしたかった。

 −「あみたんタイムズ」は地元で展開してきたあみたん娘と同じイメージになるのか。

 酒井 基本の部分は同じだが、それ以外は変わる。あみたん娘が主人公の小説も書いているが、同じなのは「カノンはおてんば」「セシルはお嬢さま」という性格ぐらい。イメージを維持するというより逆に新たなものを確立したい。

 最近のファンは、既存のイメージと異なる関連作品を好意的に受け止めている。4こま漫画は情報量が少ない分、読者が自分のイメージをふくらませやすい。独自のあみたん娘像をつくりあげてもらいたい。

地元の魅力伝えたい

漫画担当 SANAさん

 SANA キャラが確立されると、考えなくても自然にキャラたちの動きが描けることがある。そうなればいいと思う。

 −読者に伝えていきたいことは。

 SANA 私は富山県出身で、高岡も子どものころから何度も訪れている。雨晴海岸など好きな場所も多い。そういう魅力あるところを大勢の人に知ってもらいたい。

 酒井 最初に言ったが、北陸とはあまり縁がなかったので、知らないことが多い。でも、高岡市で5月にある御車山祭など素晴らしい素材は多いと思っている。それをうまく伝えていきたい。

 読者からの情報であみたん娘が各地へ取材に行くという試みもやってみたい。地元が盛り上がれば、その熱気に触れてみたいと思うファンが、作品の舞台を訪問する“聖地巡礼”という現象が起きる。この作品でもそうなってほしい。

SANA(さな) 本名非公表。富山県出身。主な作品は、「ねこ総理」「タレ耳戦士ノラリ」など。

 

この記事を印刷する

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索