トップ > 北陸中日新聞から > 北陸中日新聞社会事業団 > 中日ボランティア賞受賞者紹介

ここから本文

平成27年度 中日ボランティア賞 受賞者紹介

2015年12月17日


 石川、富山、福井県の北陸三県で長年にわたりボランティア活動に活躍している個人、団体をたたえる平成27年度中日ボランティア賞(北陸中日新聞、北陸中日新聞社会事業団など主催)の表彰式が12月19日、金沢市のANAクラウンプラザホテル金沢で開かれる。北陸3県の受賞者(11人と21団体)の活動と喜びの声を紹介する。

石川県の5個人

西川政栄さん =金沢市

登下校温かい目

 「おはよう」「朝ご飯食べたか」。金石町小学校の児童の登下校を見守る「ボランティアかないわ輝き」の一員として、毎朝交通量の多い交差点に立って子どもたちに声をかける。雨の日も雪の日も児童が登校する日は欠かさず続ける見守りは十年を超えた。

 児童とはすっかり顔なじみ。成長する姿を見ることも楽しみのひとつだ。

 「子どもの元気なあいさつに苦労も吹き飛ぶ。体力の続く限り、一生懸命子どもたちを守っていきたい」と決意を語る。

西村昭子さん =金沢市

奉仕の輪広げる

 とにかく忙しい。助け合い文化の盛んな金沢市味噌蔵地区で、数々のボランティア団体に名を連ねる。

 代表を務める「みそぐらいきいき健康教室」では年八回、地域のお年寄りや住民を小旅行に連れていったり、料理教室を開いたり。味噌蔵ボランティア友愛のつどいでは、月三回、仲間と手分けして地域サロンへ手づくりの食事を届ける。

 生け花の教授で、月一回福祉施設に出向いて花を生ける一面も。「感謝してもらえるとうれしい。ボランティアの輪を広げたい」

出口幸子さん =小松市

社会への恩返し

 一九九三年から障害者施設利用者の買い物や外出に付き添う活動を続ける。初めは車いすの使い方も分からず戸惑ったが、今は利用者からの感謝の言葉が「一番のやりがい」と話す。

 中学生の時に母から「家族が健康に過ごせるのは社会のおかげ」と生活費の一部を寄付していることを知らされた。その言葉が心に残り、子どもが手から離れると「社会に恩返しをしたい」とボランティアを始めた。

 「おかげで充実した時間を過ごさせてもらっています」

池下紀男さん =加賀市

交通弱者の支え

 二〇一一年から、加賀市社会福祉協議会が障害者や高齢者を対象に実施する送迎事業で運転手を務める。利用者宅から病院やスーパーへ届けるが、最長で四時間半待ったことも。「『ありがとう』と言われた時、一番うれしく生きがいを感じる」

 市内病院の調理師を定年退職後に偶然、協議会を見かけ、ボランティアを志願。市内小学校での福祉講座で車いすの講師の補助から始めた。「生活は楽ではないけど僕よりひどい人もいる。もう少し続けたい」

寺西繁子さん =穴水町

買い物付き添う

 穴水町志ケ浦の養護老人ホーム朱鷺の苑の入居者の買い物支援を二〇〇一年から十五年にわたって続けてきた。月に二回、スーパーや書店、衣料品店の買い物に付き添う。入居者の好みも把握し、長年の信頼関係を築いた。

 個人的な都合で休んだ時、入居者から「寺西さんがいないと困る」と声を掛けられ、自分のしていることながら、その重みを実感させられた。「施設の中にずっといる高齢者にとって、買い物は大切な気晴らし。これからも続けていきたい」と意気込む。

石川県の9団体

県ことばを育む親の会 =野々市市

子のありのまま

 金沢、加賀、能登三地区でそれぞれ年一回、難聴、吃音(きつおん)、ことばの遅れ、発達障害などがある子の親を対象に相談会を開いている。おもちゃを置いた保育室を設け、子どものありのままの姿を大学教員、医師、特別支援学校教員、臨床心理士ら専門家に見てもらい、適切な指導が受けられるのが特長だ。

 大森克成会長(66)は「相談に来た親子がともにリラックスできるよう心掛けている。親としての先輩から助言を得られるのも心強いのでは」と話した。

矢田郷地区青少年健全育成推進協 =七尾市

やたごう健全に

 子どもたちの健全育成と住みよいまちづくりを目指して、一九八五年十二月に七尾市矢田郷地区の関係団体が連携し発足。二〇〇五年六月には「やたごう健全パトロール隊」を結成し、地域の小中学生らの登下校を見守り続けている。

 積極的な声掛けとあいさつで交流を図り、下校時には月三回、六年生と一緒にごみ拾いを展開。川淵正会長(53)は「子どもたちがきれいな通学路で元気に登校できるよう、できる範囲で活動を継続していきたい」と話している。

石川工業高 =金沢市

心整うごみ拾い

 学校創立百二十周年記念目前の二〇〇五年から放課後、学校周辺の美化活動を続けている。四〜十一月にかけ一、二年生が交代で年十六回、本多町の学校から広坂までごみを拾い続けている。空き缶やたばこの吸い殻が特に目立つという。

 葭多(よした)健斗君(二年)が「出会った人にはあいさつするよう心掛けている」と話せば、北麻里絵さん(同)は「ごみ拾いすることで自分の気持ちも整う気がする」とその効果を口にする。冬場は部活単位で除雪ボランティアも行う。

高砂大学校同窓会高砂演芸慰問団 =金沢市

施設で円熟の芸

 舞踊があれば、朗読、大正琴、手品も。華やかに着飾り、生き生きと円熟の芸を披露する姿は、見る人に元気を与えてくれる。

 金沢市教委が開設した生涯学習グループ「高砂大学校」の修了生三千三百人でつくる。最高齢は百四歳。多彩な自主運営グループは四十六あり、福祉施設などの訪問は一九九六年以来、八十三回に上る。

 最近は看護学校の学校祭にも出演し、若者との交流も。浅井克会長は「賞を励みに息長く続けていきたい」と決意を新たにした。

小立野読み聞かせボランティアtutti =金沢市

絵本で感動運ぶ

 二〇〇九年から金沢市小立野地区を中心に絵本の読み聞かせを続けている。訪問先は小中学校や老人介護施設、刑務所から出た人の更生施設など幅広い。

 参加者に合った絵本を選び、読み聞かせにピアノの伴奏を付けるなどして、絵本の世界に入り込めるよう工夫している。

 島田よし子代表(58)は「絵本を通じて、心が動いている姿を見るとうれしい」と話す。

 一三年からは子育て中の母親を支援する「ママたちのおしゃべり会」も開いている。

橋立中学校生徒会 =加賀市

浜清掃伝統50年

 生徒会の呼び掛けで、全校生徒が毎年五、九月に地元の海岸と海水浴場で木の枝やペットボトルなどのごみを拾っている。故郷の自然を大切にする積み重ねが、五十年続く行事「浜清掃」になった。

 ごみが年々減っていると実感する小山賀穂(かほ)前期会長(15)は「役員五人がみんなのお手本になろうと積極的に活動した。先輩たちのおかげで賞がもらえ、今までの活動が無駄ではないと分かった。後輩たちにもこの伝統を伝えたい」。

小松市健脚推進ボランティアの会 =小松市

運動で介護予防

 本年度で発足十年目。小松市の高齢者が各町内の公民館に集う百八十二の「いきいきサロン」で、こまつ健脚体操をはじめとした運動やストレッチを指導し、介護予防に貢献してきた。

 会の前身の養成講座は十五人で始まったが、現在会員は四百六十六人にまで増えた。市民に体操を広めるボランティアとして親しまれているほか、認知症理解のための劇を披露するなど活動は多岐にわたる。高畠徹雄会長(72)は「高齢化が進むが、市民の健康の手助けをしていきたい」。

輪島市災害ボランティアの会 =輪島市

被災地が和む袋

 二〇一一年六月から東日本大震災の被災地・宮城県女川町などへ、古い着物を生かして作った「和みバッグ」に輪島塗の箸、ティッシュカバーなどを詰めて送っている。バッグの名称は「被災者の心が少しでも和らぐように」と願いを込めた。

 〇七年の能登半島地震後、輪島の仮設住宅で配った生活必需品が入った袋を東北の被災地にも届けようと、三谷みはる代表(60)らが呼び掛け、これまで約二千三百個を届けた。会員三十人は「今後、災害が起きた地域で要請があれば送りたい」と話す。

津幡高朱鷺サポート隊 =津幡町

石川でトキめけ

 二〇〇八年、国の特別天然記念物トキを「石川の空へ再び羽ばたかせよう」と生徒有志で結成。折り紙で作った「千羽トキ」を全国のトキゆかりの地に贈るなどして野生復帰の機運を盛り上げてきた。一一年の東日本大震災後は毎年のように東北を訪れ、トキの写真に励ましの言葉を添えた「トキメキカード」で被災者を元気づけている。

 隊員は現在十二人。二年の和田朋也隊長は「トキをもっと知ってもらうため、いろいろな地域で活動していきたい」と意欲的だ。

平成27年度 中日ボランティア賞 受賞者紹介

石川県 | 富山県 | 福井県

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索