トップ > 北陸中日新聞から > 北陸中日新聞社会事業団 > 中日ボランティア賞受賞者紹介

ここから本文

平成23年度 中日ボランティア賞 受賞者紹介

2011年11月18日


 石川、富山、福井県で長年、ボランティア活動を続けている個人と団体を顕彰する平成23年度「中日ボランティア賞」(北陸中日新聞、北陸中日新聞社会事業団主催)の表彰式が11月19日、金沢市の金沢都ホテルで開かれる。北陸3県の受賞者(11人と21団体)の活動を紹介する。

石川県の8団体

金沢市扇台小学校 学校図書ボランティア

児童に読み聞かせ

 児童の保護者らが、各学年ごとに月一回、本の読み聞かせを行っている。低学年には読み聞かせとともに、校内の和室で、紙芝居や人形劇などを見せることもある。「子供たちと一緒に楽しみたい」との思いで、二〇〇〇年から続いている。

 現在のメンバーは十九人。月の初めに集まり、それぞれが本を持ち寄って、読む作品を選ぶなど、一カ月の方針を決めている。

 代表の楠凡(なみ)子さん(40)は「長く続いていることが評価されたと思う」と受賞の喜びを語る。「これからも、子供たちに楽しいものを提供していきたい」と意気込みは十分だ。

金沢市額中学校吹奏楽部

施設訪れ 金賞の音

 十月の全日本吹奏楽コンクールで初めて金賞を獲得。全国の頂点に輝いた吹奏楽の強豪は、介護施設への慰問や小学校での演奏会など、地域に根差した音楽活動にも取り組む。

 厳しい練習の合間を縫って、県内で開かれる式典や、地元の夏祭り、小学校の運動会などで演奏を披露する。養護施設でも週一回演奏会を開く。

 「額中ボランティア隊」として、資源回収や道路清掃などの奉仕活動にも積極的に参加する。現部長の松井三奈さんは(13)は「今後も練習、ボランティアの両方とも頑張りたい」と意気込んだ。

金沢向陽高校吹奏楽部

病院や祭りで演奏

 二〇〇五年から病院での慰問演奏を始めた。当時はコンクールの参加資格に満たない六人の部員の活動意欲を向上させようとの試みだったが、その後、活動の場を拡大。県内の福祉施設や祭りなどの地域行事でも演奏をするように。現在では十一人の部員が、月二回ほどのペースで活動をする。訪問回数は七十回を超えている。

 訪問先では、世代に合わせた選曲から演奏会の司会進行に至るまで生徒が行う。

 武田了大部長(16)は「聞いてもらう人に、楽しかったと思われる演奏を心掛けてきた。引き続き頑張っていきたい」と話している。

犀川河川愛護会 (金沢市)

美しい川 取り戻す

 金沢を象徴する川の一つ、犀川周辺の美化や環境保全のために二〇〇一年に発足。メンバーが毎日ごみ拾いに励むほか、年に数回の一斉清掃や周辺に花を植える活動を続ける。

 会長の吉田隆一さん=金沢市米丸町=は「活動開始前は川の中州にごみ袋がひっかかり、故障車が周辺に放置され、ひどい状況だった」と振り返る。

 地道な活動が今日の美しい犀川の姿につながっている。ただ、いまだにたばこの吸い殻や家庭ごみを捨てていく人はいる。「続けることで周囲の人の意識も変えたい」。メンバーは今日も活動に精を出す。

金沢工業大イーグル・セーフティー・プロジェクト・チーム (野々市市)

犯罪防止 目光らせ

 乗り物盗難や空き巣などが多発していたという大学周辺での犯罪抑止を目指し、野々市町(現・野々市市)、松任署の協力で二〇〇二年に学生による自主防犯パトロール隊として発足した。

 隊員は約百人で、活動の中心は月二回の夜間パトロール。地元防犯協会員、松任署員、大学職員らとともに、懐中電灯を手に不審者に目を光らせたり、無灯火の自転車に注意したりしている。隊長の橋本敦史さん(四年)は「活動を始めてから犯罪件数が減少しているという。安全で安心できるまちづくりに貢献していきたい」と意欲的だ。

羽咋要約筆記サークル

障害者の情報支援

 羽咋市が行った要約筆記奉仕員養成講座の基礎課程修了者たちが、技術向上と聴覚障害者支援を目的に二〇〇二年に設立。月三回、羽咋公民館での定例会で技術を磨き、羽咋郡市の各種イベントで支援活動を続ける。

 あいさつなどの内容を要約しながら、その場で専用のロールに油性ペンで文字に起こす。それを聴覚障害者に読んでもらって内容を伝える。

 漢字や外来語など日々の勉強も欠かさない。谷内晴子代表(43)は「人を支援させていただいている気持ちを忘れず、活動が一層認知されるよう努力していきたい」と話す。

読み語りグループ・紙ふうせん (能登町)

地元の民話後世に

 地元の民話や昔話は皆、暗記している。優しくユーモアあふれる語り口で子どもらを物語の世界に引き込む。

 公民館事業をきっかけに、消えつつある民話を後世に語りつごうと二〇〇一年に主婦らで結成。民話だけでなく、能登町柳田小学校での絵本の読み聞かせや紙芝居、お年寄り向けの寸劇、オカリナ演奏など活動は多彩。メンバー八人が個性を発揮して幅広い活動を展開している。

 代表の堂前弘子さん(69)は「子どもたちがゲームなどに向き合う機会が多い中、顔を見て生の声で語りかけることを大切にしたい」と思いを語る。

七尾市天神山小学校6年生

通学路のごみ拾い

 六年生六十五人が交代で月に一〜二回、下校時に地域のボランティア団体・矢田郷地区健全パトロール隊と一緒に通学路のごみ拾い活動をしている。

 一回の活動に十人程度が参加する。二グループに分かれ、道路などに落ちているたばこの吸い殻や空き缶、ペットボトルなどのごみを二十〜三十分かけて拾って歩く。取り組みは今年で四年目。

 前期児童会長の板谷智仁君(12)は「ごみ拾いした翌日は、歩くと道路がきれい」と話し、後期会長の森屋柊星君(12)は「ポイ捨てはよくない。ごみが減ってほしい」と住みよい地域を願っている。

石川県の3個人

下出翔太さん (金沢市)

地元の行事手伝い

 十月にあった千坂小校下の文化祭では、遊びコーナーで受付を担当し、児童と交流した。「小学生も顔を覚えてくれて、コミュニケーションが取れます」とうれしそう。

 小学六年から地域行事を手伝っている。高校入学後は「お世話になっているから」と近くの公園でごみ拾いも。九月までは市子ども会連合会で役員を務めた。今も校下の少年連盟のリーダー格。

 「生活の一部で苦にならない。友達と遊ぶのとはまた違った楽しさがある」と、ボランティアに気負いはなさそう。本年度で高校を卒業するが、地元の活動に終わりはない。

杉本信孝さん (加賀市)

町の安心・安全守る

 加賀市の作見校下安全パトロール隊の隊長を務める。トレードマークの黄緑色のベストと帽子を着用し、町の安心・安全を守るためパトロールを続ける。

 隊は自身の呼び掛けで七年前に発足した。金曜日の夜、隊員二十一人が交代で、徒歩や青色回転灯を付けた車で四十〜五十分かけて地域を回る。小中学生の登下校時の安全確保にも目を光らせる。

 昨年九月、がんの治療で胃の摘出手術をし、五カ月間入院した。

 「頑張って」「早く治して」。子どもたちの言葉や手紙に励まされた。「これからも地域を愛し、活動を続けたい」と意気込む。

佐々木静江さん (穴水町)

被災地癒やす裁縫

 東日本大震災で被災した人のためにと、タオルをベビー服のようにかわいらしく裁縫し、現地に届けた。

 このタオル裁縫は二〇〇七年三月の能登半島地震後、自身も暮らした仮設住宅での癒やしに作ったのがきっかけ。東日本大震災後は町内の婦人会や高校生も裁縫に加わり、活動の輪が広がった。

 今夏には、宮城県七ケ浜町に行き、仮設住宅で被災者に作り方を教えた。

 「自分が被災した時もたくさんボランティアが来てくれた。どんな形であれ返していきたい」。能登半島地震からは四年以上たつが、その気持ちは変わっていない。

平成23年度 中日ボランティア賞 受賞者紹介

石川県 | 富山県 | 福井県

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索