トップ > 北陸中日新聞から > 北陸中日新聞社会事業団 > 中日ボランティア賞受賞者紹介

ここから本文

第26回 中日ボランティア賞 受賞者紹介

2007年3月16日


 第26回中日ボランティア賞(北陸中日新聞、北陸中日新聞社会事業団主催)に選ばれた石川県内の5個人・7団体、富山県内の6個人・7団体、福井県内の3個人・8団体の活動を紹介します。贈呈式は、3月17日午後2時から金沢市香林坊の中日ビル2階大ホールで開きます。

富山県の7団体

大山赤十字奉仕団 (富山市)

 二十五年間、防災訓練での炊き出しや災害被災地への募金活動、一人暮らし高齢者宅訪問、老人ホームの手伝いや花壇整備など、地域に根ざした活動を続けている。

 毎年参加している地元の大山地域の防災訓練で昨年、ワカメ入りの炊き出しを三百五十食を作った。高齢者訪問活動でも、おかゆや靴下などを持参し「お元気ですか」と声をかけ喜ばれている。

 山本励子委員長は「ありがとうと言われることが報酬。これからも、できる範囲でがんばりたい」と話す。

こぶしの会 (富山市)

 富山県内の敬老会や福祉施設などで、高齢者に踊りなどを披露し慰問するボランティアを始めて約十七年。現在の会員は、藤丸笑子代表ら、富山市立太田小学校区の主婦や会社員ら、女性十一人だ。

 おわらやこきりこなど地元富山の民謡や勇壮なよさこい踊りなどがレパートリー。美空ひばりや春日八郎の歌謡曲にあわせ、藤丸代表が考案した振り付けで踊ることも。踊りを見て元気になったお年寄りの姿を見ると、逆に会員の側がパワーをもらって帰れるという。

富山ハンドベルの会『ブルーリンガー』 (富山市)

 障害者と健常者でつくるハンドベル演奏団体。老人ホームなどの施設やイベント会場で、ボランティア演奏会を精力的に展開している。

 障害者の社会参加を目的として一九九五年、音楽教諭の大成勝代代表を中心に結成された。現会員は園児から七十代のお年寄りまでの二十六人。演奏会を目標に、月二回の練習会で汗を流す。大成代表は「障害者にとって美しく、ロマンチックなことをやりたかった。良い音を出せた時は、本当に充実感があります」と話す。

ラーメン専門店『旭屋』 (高岡市)

 店主の堀彰さん(44)は二十九歳の時に突然倒れて右半身が不自由になった。失意の中、障害者施設で見た子どもたちの元気な姿に励まされた。懸命なリハビリで二年後にラーメン店を開いた。

 「今度は自分が子どもたちに勇気を」と一九九四年から毎冬、妻順子さん(44)や店員と富山県内のろう学校などを訪ね、自慢のラーメンを振る舞う「ラーメンボランティア」を続けている。

さわらび (高岡市)

 高岡市太田の特別養護老人ホーム・雨晴苑で一九九〇年から、月一回、ベッドシーツや布団カバーを交換する奉仕活動を続けている。

 市母子寡婦福祉会員二十八人がメンバー。五十−六十代が中心で勤労者も多い。そのため活動には、仕事を休んで参加する人もいる。

 松下栄子代表は「ベッドの位置やシーツのかけ方を変えてほしいなど、お年寄りの注文も多いが、声をかけると喜んでもらえるし、感謝されるのがやりがいです」と話している。

友愛お便りグループ (高岡市)

 一九九一年に旧福岡町(現高岡市)の民生委員十三人が、地元の独り暮らしのお年寄りと話をして親交を深め、手紙をやりとりしたのがきっかけで発足した。

 現在は独り暮らしや施設のお年寄り百人余にあてて年賀状や暑中見舞いを送る。月二回ほどの訪問では手紙が書けない人の代筆もしている。

 寺島富子代表は「お年寄りの中には返事をくれる人もいるし、ありがとうと言ってくれる人もいる。いいことだから今後も続けていきたい」と話している。

寺家町健康ふれあいサロン (滑川市)

 一九九六年のヘルスボランティアの活動をきっかけに、九九年から「食」をテーマに、地域住民の健康づくりのための活動を始めた。

 メンバーは主婦五人。七十五歳から九十五歳までの高齢者が月一回、寺家会館で開催されるサロンを心待ちにしている。

 メンバー手作りの昼食は参加者に好評。「普段は口にしないオムライスが人気でした」と吉田康子代表。年一回の演芸会も参加者の楽しみ。「皆さんから『次が楽しみ』と言ってもらえるのが何よりの元気のもとです」

富山県の6個人

斉藤チイ子さん (富山市)

 富山市社会福祉協議会が行う視覚障害者のための音訳テープサービスを一九九九年から手伝う。特に録音内容の消去作業では、「いいかげんなことはしたくない」と念入りな確認を怠らない。

 堀川町住民でつくる「ふれあいサロン堀川」にも四年前の発足時から参加。特技の大正琴や茶道の腕前を生かし、閉じこもりがちな地域の高齢者と交流を深めている。

水口 香魚さん (魚津市)

 一九九四年から毎月一回、知的障害者更生授産施設の県立新生園で、サークル活動として書道を指導している。

 施設利用者約十五人が参加しており、利用者の気持ちを大事に、利用者の書きたい言葉や季節の言葉を毛筆で教える。

 「利用者から『今度はいつ?』と楽しみに待ってくれていることが励み。職員の皆さんの協力に感謝しています」

山田 陽子さん (富山市)

 十二年前、三十代になって人生を見つめ直す中で、ボランティア活動を始めた。長年寝たきりだった女性の「心のきれいさ」にひかれ、亡くなる昨年まで、顔や手のマッサージや代筆などを続け、深い信頼で結ばれた。

 視覚障害者向けの音訳テープのチェックや手話など、ほかにも活動はさまざま。「悔いなく人生を過ごしたい。日々、学びです」と話す。

山西 實二さん (滑川市)

 一九九七年に滑川市の上市川河口の海岸清掃から始め、九八年からは市道滑川富山線九キロの道路清掃を毎週一回続けている。

 県保健衛生組織連合会の環境巡視員の帽子とジャンパーを身に着け、ごみ拾い用のカゴにごみを黙々と拾い続けている。

 「ごみ拾いを見た人が千人に一人でもポイ捨てを止めようと思ってもらえれば」と話す。

中坪トシコさん (氷見市)

 氷見市の特別養護老人ホームで入所者に生け花とお茶を教え、暮らしに潤いを与える奉仕活動を十五年。「光栄です」と受賞を謙虚に喜ぶ。

 義母の病気の介護経験をきっかけに奉仕の道へ。十年前には自転車で事故に遭い、左足骨折で二カ月間入院した。「車いすで自由に動き回ることの素晴らしさ」を実感し、今は氷見市民病院で車いす利用者の誘導も行う。

黒田 佳世さん (黒部市)

 黒部市石田の知的障害児施設「黒部学園」で一九九六年四月から茶道を指導。月一度のお茶教室で簡単な作法を教え、もてなしの喜びや思いやりの心を伝えている。

 あいさつの仕方やお茶のいただき方などを教えて十一年。地域の人も集まり、交流の場になっている。「ボランティアという気持ちじゃなく、子どもたちとの触れ合いが楽しみで続けてます」

第26回 中日ボランティア賞 受賞者紹介

石川県 | 富山県 | 福井県

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索