トップ > 北陸中日新聞から > 北陸中日新聞社会事業団 > 中日ボランティア賞受賞者紹介

ここから本文

第26回 中日ボランティア賞 受賞者紹介

2007年3月16日


 第26回中日ボランティア賞(北陸中日新聞、北陸中日新聞社会事業団主催)に選ばれた石川県内の5個人・7団体、富山県内の6個人・7団体、福井県内の3個人・8団体の活動を紹介します。贈呈式は、3月17日午後2時から金沢市香林坊の中日ビル2階大ホールで開きます。

石川県の7団体

金身連ボランティアの会 (金沢市)

 「障害者として何かしてもらうだけでなく、自分たちも何かしよう」。三年前に亡くなった初代代表の太田数子さんの呼びかけで始まった。

 金沢市内の病院で月に一度、古着を切りそろえてタオルにする作業や赤い羽根共同募金など地道な活動を続けている。会員十九人の平均年齢は七十二歳。「最近ひざが痛い」「物忘れするのよ」などと近況報告を交わしながらの作業を楽しむ。木津スイ代表は「少しでも働けるのがうれしい。若い人も入ってくれれば」と話した。

千坂公民館フォークダンス教室 (金沢市)

 高齢者施設を訪ね、華やかなダンスを披露し続けている。杉本外世子代表は「踊る楽しみと、見る人に喜んでもらう楽しみがある」と話す。ある施設の誕生日会を訪ねた時、「こんなに祝ってもらったことはない」と涙を流しながら感謝したお年寄りの姿が忘れられないという。

 一九八九年に発足。会員三十四人の三分の一が七十歳以上。仲間と話しながら、ステップを覚えるのが「頭と体の体操になる」という。「踊れる限り、続けたい」がみんなの願いだ。

歌声サークル (珠洲市)

 一九八八年に発足。現在、メンバー六人で毎月一回、市内の特別養護老人ホームを訪れ、歌やリズム体操、紙人形劇、手作り紙芝居などでお年寄りを楽しませている。

 メンバーにはそれぞれ、得意の分野がある。地域の催しなどでも活躍しており、ホームでは特技を生かして即興で寸劇などを披露することも。

 新出精二代表は「一緒に楽しむ気持ちで訪問し、エネルギーをもらっています。ホームの皆さんは、もう家族のような存在です」と笑顔をみせた。

七尾市母子寡婦福祉協議会七尾支部

 堀さんは「恩返しの活動だが、子どもが逆に力を与えてくれる。働ける限り続けたい」と話す。

 知的障害者の施設「みのり園」(七尾市国分町)に毎月末の一日、ボランティアに訪れる。支部の会員数は百八十人だが、参加は自由。毎回必ず四、五人のメンバーが集まる。

 園の利用者と一緒に納豆づくりや電気部品の加工などの作業をする。近所の話や食べ物の話、テレビの話題などおしゃべりに花を咲かせながら。

 活動を続けて十六年余。「肩ひじ張らずに自然体でかかわる。だからこそ続いているんです」。森腰外子会長は笑顔で語った。

出城ボランティアグループ (白山市)

 一九九〇年に発足し、現在は女性を中心に六十人が活動している。会員は、地域の老人福祉施設や病院を月一、二回ずつ訪れ、利用者や患者の洗髪後のドライヤーがけをしたり、話し相手になったりしている。

 昨年のクリスマス前には、七十五歳以上の独り暮らしのお年寄り宅を回って靴下をプレゼントし、好評だった。川野悠之代表は「相手の気持ちを大切に、無理をせず楽しく続けていきたい。地域の若い人たちにも、活動を引き継いでいきたい」と話している。

宮保ボランティアグループ (白山市)

 一九八九年四月、農家の女性を中心に設立された。現在は三十六人(平均年齢六十二歳)が加盟し、ボランティア活動に励んでいる。

 内容は、独り暮らし老人への月二回の配食サービスと地域見守りや老人福祉施設での洗濯物たたみ、入浴介助、髪乾燥手伝い、知的障害者施設での軽作業手伝いなど。年二回の全体研修会で学習会、施設見学などにも取り組み、研さんを積んでいる。斉藤紀子代表は「会員増や奉仕枠も拡大して、活動を充実させていきたい」と話している。

那谷校下心和会 (小松市)

 小松市の那谷、滝ケ原、菩提三町の老人クラブの三百十五人で構成。親睦(しんぼく)や友愛、地域奉仕を合言葉に活動している。上荒屋町の社会福祉法人「自生園」の成立当初から二十五年間、除草活動を続けている。毎年十月ごろ、二時間かけて清掃している。

 那谷保育所の草刈りもしているほか、昨年からは児童らの登下校を見守る「わが町防犯パトロール隊」の活動も始めた。

 坂井隆之会長は「受賞は先輩たちの努力のおかげ。これからも地域のために頑張りたい」と話す。

石川県の5個人

今井 理恵さん (金沢市)

 小学校講師のかたわら、知的障害のある人のスポーツを支援する団体「スペシャルオリンピックス日本(SON)・石川」で三種目を指導する。週末に試合などが重なり休めないこともしばしば。「正直疲れるが選手と会うと元気が出る」

 SONの独自種目「フロアホッケー」の審判でもある。実績を積んで日本人初の「国際審判」になることが夢だ。

寒   雲さん (白山市)

 台湾出身の歌手として、「自分ができることで、何かをしたい」と、全国を舞台に慈善コンサートや、母国と日本の人びとの交流の橋渡しを続けている。

 いまは、東京都や大阪府、山梨県の台湾人の団体と、日本人との交流に力を入れている。「自分の人生が、最大限の価値を生み出せるように、活動をしていきたい」と張り切っている。

南  和子さん (金沢市)

 知的障害者の青年学級で、三十八年間にわたり茶道を指導。「私自身を成長させてくれた生徒たちにお返ししたい」。

 主宰する社中で開くチャリティー茶会に学級生たちを招待し、収益金を同学級や障害者関連施設などに寄付している。

 「茶会で一生懸命もてなす生徒の姿に尊いものを感じる。受賞は支えてくださった皆さんのおかげです」としみじみ。

梅田喜代美さん (宝達志水町)

 宝達志水町宝達小に毎月六回、一時間目が始まる直前に出向き、子どもたちに童話や地元の昔話などを絵本なしで読み聞かせをする。セリフは自宅で暗記する努力家。児童の瞳を見ながら、夢の世界へといざなう。活動は丸十年になった。

 「節目の賞となりうれしい。夫や母ら家族共有の賞として協力者に感謝し今後も児童のために頑張りたい」と述べた。

吉田 隆一さん (金沢市)

 二〇〇二年、わずか三人で犀川周辺の環境美化に取り組む「犀川歩走(ほそう)会」をつくって活動。会員は九十人を超え、行政の信頼も厚い。

 ランニング仲間の十二団体による「犀川両岸健康利用推進会(犀健会)」も結成した。地元では町内会シニア部も発足させるなど地域住民の融和にも貢献。「表彰に値することをしているつもりはないのに」と謙虚に語る。

第26回 中日ボランティア賞 受賞者紹介

石川県 | 富山県 | 福井県

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索