トップ > 北陸中日新聞から > イベント情報(石川・富山) > 詳細

ここから本文

イベント情報(石川・富山)

秘蔵の資料 撮って発信 言葉の魔法展 27日内覧会、50組招待

内覧会時だけに撮影できる鈴木敏夫さんの大作「マックロクロスケ」(縦5メートル、横6メートル)=(c)Studio Ghibli

写真

 北陸中日新聞は、七月二十七日に金沢21世紀美術館で開幕する「スタジオジブリ 鈴木敏夫−言葉の魔法展」(北陸中日新聞、テレビ金沢主催)の内覧会に本紙読者を先着五十組百人、無料招待する。内覧会では、開幕後は制限される作品の撮影を特別に許可する。会員制交流サイト(SNS)などで自分だけの情報発信をして楽しめそうだ。

 内覧会は二十七日午前十時半から二時間。撮影が許可されるのは、ジブリの代表取締役プロデューサー鈴木敏夫さんが手書きした映画の題字やいたずら書き、ジブリの言葉にまつわる資料など。鈴木さんが愛する昭和映画の資料などのコーナーの様子も写真に収めることができる。鈴木さんは数々のジブリ作品のキャッチコピーを作ってきた。

 応募は、ツイッターのアカウント「北陸中日新聞事業部」をフォローした上で「言葉の魔法展内覧会参加者募集」の記事をリツイートすることで完了する。事業部から届くメールに住所、名前を記入すると、最寄りの北陸中日新聞販売店が招待状を届ける。

 「言葉の魔法展」の一般公開は午後一時から。通常の入場は前売りで一般千円(当日千二百円)。問い合わせは平日の午前十時〜午後五時、事業部=電076(233)4642=へ。

 

この記事を印刷する

最新記事

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索