トップ > 北陸中日新聞から > イベント情報(石川・富山) > 詳細

ここから本文

イベント情報(石川・富山)

生誕220年 広重展

(上)名所江戸百景「亀戸梅屋敷」=高浜市やきものの里かわら美術館蔵(下)六十余州名所図会「加賀金沢八勝之内蓮湖之漁火」=石川県立歴史博物館蔵

写真

2018年7月27日〜8月26日 石川県立美術館 

 「東海道五拾三次」など風景画で知られる江戸後期の浮世絵師、歌川広重の世界を紹介する「生誕220年 広重展」(北陸中日新聞、石川県立美術館、石川テレビ放送主催)が7月27日から8月26日まで、金沢市出羽町2の石川県立美術館で開かれる。会期中無休。

 中でも注目されるのは、ゴッホが模写したことでも知られる「名所江戸百景」の「亀戸梅屋敷」や「大橋あたけの夕立」、モネに強い影響を与えたとされる「亀戸天神境内」。北陸地方を描いた「六十余州名所図会」の「加賀 金沢八勝之内蓮湖之漁火」や「能登 瀧之浦」「越中 冨山 舩橋」も展示される。

 このほか、代表作の保永堂版「東海道五拾三次」全作品や江戸や全国各地の名所絵など主要な版画作品約百五十点も紹介する。

 前売り料金は大人八百円、高大生五百円、小中生二百円、未就学児無料。当日券は各二百円増し。

 前売り券販売所 中日サービスセンター、香林坊大和PG、アピタ松任ティオ、石川県立音楽堂チケットボックス、うつのみや書店、金沢中日文化センター、北陸中日新聞販売店、チケットぴあ(Pコード769−069)、ローソンチケット(Lコード53174)、セブンチケット

 問い合わせ 北陸中日新聞事業部=(電)076(233)4642(平日の午前十時〜午後五時)

 

この記事を印刷する

最新記事

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索