トップ > 北陸中日新聞から > 北陸中日懇話会 > 過去の講演要旨 > 記事

ここから本文

北陸中日懇話会

新幹線 米原ルート推奨 鉄道ライター・土屋さん

「北陸新幹線の現状と課題」のテーマで講演する土屋武之さん=15日、金沢市香林坊の金沢東急ホテルで

写真

 北陸中日懇話会が十五日、金沢市内のホテルで開かれ、鉄道ライターの土屋武之さん(50)=川崎市高津区=が北陸新幹線の課題、将来像を語った。土屋さんは敦賀以西の延伸問題に、リニア中央新幹線の開通で現在の東海道新幹線の便数を減らし、その分を北陸新幹線に充てられるとして「米原ルート」を推奨した。(日下部弘太)

 北陸新幹線の開業日に金沢で取材し、その日のイベントのうち「おもてなし大茶会」に最も感心したことも紹介。「これができるのは金沢だけ」と強調した。金沢駅前の石川県立音楽堂や鼓門にも触れ「文化にお金をかけていることが素晴らしい。文化は個性。それを大都市圏の人は感じたいのでは」と述べた。

 北陸新幹線の課題として、東海道や東北の新幹線と比べ高額なこと、遅さ、便数の少なさを列挙。高額さは、JR東日本と西日本の二社分が特急料金に加算されている要因を指摘した。便数増は東京駅の線路に余裕がなく現状で難しく、さらに需要が増えれば問題になる可能性も見通した。

 新幹線駅へのアクセスでは、鉄道や路線バス、自家用車のための駐車場といったハード整備に加え、並行在来線との連絡乗車券、公式サイトでの会社の垣根を越えた案内などソフト面の充実を訴えた。

 延伸の米原ルートは、京阪神や中京だけでなく、神奈川を中心とした首都圏西部へも最も便利だとして「東京は二十三区だけではない」と呼び掛けた。リニア中央新幹線の開通で東海道新幹線の容量が空くため、「今の設備のままで対応できる」とも。北陸発の新幹線のうち一本は米原で乗り換え不要の東京直通にできるとの「空想」も披露してみせた。 

    ◇

 次回は七月十二日午前十一時から、金沢市堀川新町のホテル金沢で。名古屋市北区のからくり人形師、九代玉屋庄兵衛さんがからくり人形の魅力を語る。問い合わせは北陸中日懇話会=電076(233)4643=へ。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索