トップ > 北陸中日新聞から > popress > Spot & Place > 記事

ここから本文

popress【Spot & Place】北陸を中心に面白いスポットを発掘
 

めぐり歩き宇宙 UFOのまち 羽咋

写真

 世間は今、宇宙ブームで沸いているらしい。宇宙飛行士をテーマにした漫画が人気を集め、金環日食とあれば皆で空を見上げている。ここ北陸で宇宙といえば、古くからUFOでまちおこしを続けている石川県羽咋市。街を歩くと、今も多くの「宇宙人」や「UFO」を発見することができた。(担当・佐藤航)

円盤が出迎え

 「UFOのまち」を名乗っている羽咋のことは、前々から気になっていた。どんな由来があるのかよく知らないが、サブカルチャー好きにはそそられる響きがある。長年の疑問を解くべく、5月下旬に街を訪れた。

 金沢から普通電車で約50分、羽咋駅にたどり着いた。駅前はありふれた地方都市のたたずまいだが、よく見るとさまざまな宇宙的要素が隠れている。街灯の傘はレトロな円盤の形。建物のシャッターには、ポップな絵柄で宇宙人とUFOの姿が描かれている。

 さて、まずはどこに行こう。案内板によると、駅から徒歩10分ほどの所にコスモアイル羽咋なる施設があるらしい。UFOによるまちおこしの中心ということで、由来を教えてくれるかもしれない。

写真

空飛ぶ仏具? 

 UFOを模したドーム形の建物の前に、白いロケットがそびえ立つ。のどかな町並みの中で、コスモアイルは異彩を放っていた。展示室には、米国やロシアから譲り受けたという希少な探査機や人工衛星の実物が、レプリカと一緒に並んでいる。驚くべきことに、実際に宇宙から帰還したものもあるという。

 宇宙開発の歴史をひもとく本格的な施設だが、来館者から募ったUFO目撃談のファイルや、解剖される宇宙人の模型など、魅力的で怪しげな展示もちらほら。不時着した宇宙船の修理代を稼ぐためにコスモアイルでバイトしている(という設定で職員がふんする)宇宙人・サンダー君が出没することもある。

 しかし、なぜ羽咋にUFOなのか。フロントマネージャーの中田昌宏さん(26)が教えてくれた。「羽咋には『そうはちぼん伝説』という昔話があって、それが基になりました」

 そうはちぼんはシンバルに似た仏具。これが街の北に見える眉丈山(びじょうざん)の中腹で、夜な夜な怪しい火を発しながら飛んでいたという。この伝説に着目した若者グループが、UFOと結び付けて1980年代にまちおこしを始めた。中田さんは「山のふもとでは『鍋のふたが降ってきて人をさらう』という言い伝えもあります」と付け加えた。

グルメも充実

 中田さんによると、羽咋には「UFOグルメ」も多いという。UFOを模したお好み焼きやもなか、宇宙人に見立てたイイダコを載せたラーメン。いろいろとあって迷うが、まずは「ケーキ・ホームベーカリー モリモト」に向かった。

 目当ては宇宙人の顔をかたどったチョコレートパン。昔ながらの丸いパンに、クッキー生地で作った大きな目が印象的だ。おでこにチョコで「891(はくい)」と書かれている。観光客に人気らしく、店主の森本貴之さん(40)は「夏ごろにUFOや宇宙人のクッキーも作りたい」と意欲的だった。

 一風変わったところでは、UFOの形をした「円盤揚げギョーザ」も魅力的。中華料理店「開口笑」が4月から売り出した一品で、カリッとした皮の食感が楽しい。中にはエビのすり身とモチ、チーズが入っている。こちらも、「コスモアイス」と名付けた新デザートの発売を予定しているという。

衝撃!! 数多くの目撃情報

 羽咋は「UFOのまち」というイメージが浸透しているせいか、目撃情報も数多い。今回の取材でも、2人の方が「実は…」と言って目撃談を打ち明けてくれた。

写真

楕円形に並ぶ光の点

 今から12年前、2000年11月の午後7時ごろでした。中学で弓道部だった私は練習を終え、弓道場を出ました。ふと隣の羽咋体育館の上を見ると、楕円(だえん)形に並んだ8〜10の光の点が見えたんです。だんだんと輪郭が見えてきたんですが、ぐらっと傾いて上に移動した瞬間、ふっと消えてしまいました。あれは本当に怖かったですね。(コスモアイル羽咋・中田昌宏さん)

写真

銀色のものが空に…

 「UFOを見たことあるか」というのは前にも聞かれたことがありますね(笑)。確か小学3年の時、見たような気がするんですよ。銀色のようなものが空に浮いていてね。点みたいに本当に小さかったんだけど。見間違いじゃないかって? それはないと思いますよ。何しろ私、当時の視力は2.5くらいありましたから。(ケーキ・ホームベーカリー モリモト 森本貴之さん)

写真

ばくのつぶやき

降りたくなる地形かも

 能登半島の地形を見ると、羽咋から七尾市街にかけて、山々に挟まれるように細長い平地が延びていることが分かる。知人いわく「UFOには滑走路に見えるに違いない。降りたくなるはずだ」。なるほど、確かにそう見える。だが、UFOなら垂直に離着陸できそうだ。滑走路は要らない気もするが…。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索