トップ > 北陸中日新聞から > popress > Love & Sex > 記事

ここから本文

popress【Love & Sex】性、恋愛の問題をまじめに考える
 

セクトピ 〜Sexual Topics!〜 結婚や仕事法制度から考えよう

キャッチコピーが入ったレインボー金沢のステッカー

写真

金沢であす性的少数者の交流会

 北陸に性的少数者(セクシュアル・マイノリティー)が交流する場をつくろうと、2011年12月に設立された団体「レインボー金沢」の第10回交流会が15日午後2時から、金沢市内で開かれる。

 性やジェンダーの問題、国際人権法に詳しい高岡法科大の谷口洋幸准教授が講演。現在の法制度を学び、性別の扱い方や結婚、仕事、教育などに関し、当事者が普段感じている困難や社会の問題点を解決する手段を話し合って考える。

 東京や大阪などの大都市に比べて、地方は性的少数者が集って話せる場が少ない中、レインボー金沢は定期的に交流会を開催。参加した学生が意気投合し、18〜29歳限定のサークル「colorful」(カラフル)も12年夏に誕生した。

 スタッフの一人は「小さなころから悩んできた人ほど、カミングアウトに恐怖を感じている。自分を認めることが難しい人も」と打ち明ける。交流会で初めて仲間と出会えたという中年の参加者もいたという。

 レインボー金沢では当事者が安心して仲間とつながる場を提供するほか、性的少数者が生きやすい社会を目指し、行政側に施策の提案や改善の働き掛けも行っている。

 交流会は当事者が対象で、参加費は一般1500円、学生1000円、中高生500円。午後5時半から食事会も予定している。食事代は別途必要。申し込みはレインボー金沢のウェブサイトから。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索