トップ > 北陸中日新聞から > popress > Love & Sex > 記事

ここから本文

popress【Love & Sex】性、恋愛の問題をまじめに考える
 

セクトピ 〜Sexual Topics!〜 金沢で27日 アフガニスタン女性

写真

差別や暴力の現状を訴える講演

 家庭や社会で差別や暴力を受け、教育や働く権利などが制限されているアフガニスタンの女性たち。現状を訴える講演会が27日、金沢市下本多町の金沢歌劇座で開かれる。

 講演するのはアフガン女性技能開発センター事務局長のマリー・アクラミさん=写真。1999年に女性の職業訓練を行うセンターを創設し、2003年に暴力から女性を保護するシェルターをアフガニスタンで初めてつくった。女性の平和と社会参画を促し、虐待や暴力を公表して加害者を告訴する運動の支援を続け、07年には米国務省が海外の活動家に贈る「勇気ある女性賞」に選ばれた。

 女性蔑視の慣習が重くのしかかる社会を変えようと動く当事者たちは脅迫など身の危険にさらされ、公職に就く女性が殺害される事件も起きている。

 今回は国際人権団体の「アムネスティ・インターナショナル日本」がアフガニスタンとパキスタンの女性活動家を招いて10、11月に全国7会場で開く講演会の一環。

 金沢グループの運営担当、前田和夫さんは「アフガニスタンの女性たちを孤立させず、国外に支援の輪を広げることが大切。現状を北陸の人々に知ってもらいたい」と話す。

 講演は午後2時半〜同4時半。英語で行われるが、日本語通訳付き。写真パネルなども展示される。参加費は500円。問い合わせはアムネスティ・インターナショナル日本・金沢グループ=電076(280)5610=へ。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索