トップ > 北陸中日新聞から > popress > Love & Sex > 記事

ここから本文

popress【Love & Sex】性、恋愛の問題をまじめに考える
 

セクトピ 〜Sexual Topics!〜 20〜30代「家事メン」増える

写真

 20、30代の既婚男性の約6割が家事に興味を持ち、半数以上が積極的に取り組んでいることが、家電大手パナソニックが昨年まとめた調査で分かった。同社は掃除や洗濯などに日ごろかかわっている男性を「家事メン」と呼び、意識と実態別に4タイプに分類した=図。

 20〜39歳の既婚男女各200人と40歳以上の既婚男性100人に昨年10月にアンケート。40歳以上では過半数の約55%が「家事に興味がない」のに対し、若い男性は約62%が「興味がある」と答えた。

本格派からやらされ派まで

 また、家事への積極度を聞いた項目では、「夫が積極的に参加している」と約56%の妻、夫自身が評価。夫婦間で認識に違いが見られなかった。ただ、気持ちは前向きでも取り組む頻度が低い男性も。家事メンといえど価値観やライフスタイルによってさまざまな形があるようだ。

 同社が今回の結果を基に分類したタイプは4種類。家事に対してポジティブな意識を持ち、楽しみながら積極的にこなす「本格家事メン」に、意識は前向きだが参加頻度は少ない「気まぐれ家事メン」、楽しさを見いだせず比較的多くの家事をさせられている「やらされ家事メン」、参加頻度が平均以下でできればやらずに済ませたいという「アンチ家事メン」だ。あなた自身は、夫は、何メン?

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索