トップ > 北陸中日新聞から > popress > Love & Sex > 記事

ここから本文

popress【Love & Sex】性、恋愛の問題をまじめに考える
 

「街コン」それは恋の野戦場 野々市で草食記者 男になる!?

初対面のぎこちない空気も次第にほぐれ、和やかなムードに。他愛もない会話に花が咲く

写真

 商店街の飲食店などを舞台に、大勢の男女が出会いを求めて合コンに臨む「街コン」。空洞化した街に活気を呼び込む取り組みとして、ここ数年で全国に広がりをみせている。「婚活中」の人たちにも人気だというが、果たしてどんなイベントなんだろうか。実態を探るべく、石川県野々市市で初めて開かれた街コンに参加してみた。

ぎこちない滑り出し

 「(女性が間に入れるよう)一つずつ空けて座った方がいいのかな」「最初は並んでいた方がいいんじゃないですか?」。浮ついた気分を落ち着かせるように、中身のない会話を繰り返す男たち。ほのかな期待を抱きながら待っていると、やや緊張した面持ちでお相手がやってきた。

受け付け後にリストバンドとマップ、さらに謎のアイマスク?を受け取る。これはいつ使うんだろうか…

写真

 「あの〜、この席に来るよう言われたんですが…」。心の準備ができていないので、こちらの受け答えもぎこちない。「ど、どうぞ。座ってください」。ようやくメンツがそろったところで、係の人から乾杯の合図。何はともあれ、最初の飲み会が始まった。

気軽さ受け大挙260人

 6月上旬の日曜、野々市市商工会の青年部が企画した街コン「ののコン」が開かれた。参加者は当初の見込みを大きく上回る約260人という盛況ぶり。popress編集部からは、週末の予定もない寂しい独身男3人(32歳、28歳、23歳)が参戦した。

 舞台は、主催者の呼び掛けに応じた金沢工業大周辺の八つの飲食店。受け付け前に最初の店だけ決め、その後は店と相手を変えながら合コンを繰り返す、という流れだ。飲み物や料理は基本的に飲み放題、食べ放題になっているという。

席が決まったらまずは乾杯

写真

 それにしても参加者が多い。人気の理由は何なのかと思っていたら、最初の相手が教えてくれた。30代介護士と20代会社員の2人で、一緒にお見合いパーティーに行く「婚活仲間」だという。「パーティーはよそ行きの格好で来るから、普段の姿が分からない」と介護士の女性。街コンは堅苦しくなく、気軽に参加できるのが受けているのかもしれない。

相手探して右往左往

 「ののコン」の制限時間は4時間。回転を良くするため、一つの店にいられるのは長くて1時間と決められている。従って単純計算で4軒は回る必要がある。互いに気に入った相手がいれば一緒に回ってもいいが、そううまくはいかない。難しいのは、いかに2組目以降を見つけるかだ。

 相手探しは、移動中のグループに道で声を掛けるか、店内で待っている人にお願いするか、という二つの手がある。だが、いきなり道でナンパをするのはハードルが高い。店で探す方法で2、3組目は見つかったが、最後がなかなか見つからない。刻一刻と過ぎる時間に焦りつつ、残り30分で何とか相手を確保することができた。

何とか携帯の番号とメールアドレスを教えてもらうことに成功した

写真

 一緒に飲んでくれたのは、金沢市の会社員(27)と小松市の会社員(26)。金沢市の女性は「普通の合コンは(相手に)当たり外れがある。これだといろいろな人と話せていいですね」とのこと。なるほど、女性はシビアだ。気の小ささゆえ、「僕らは当たり外れのどちらですか?」などとは口が裂けても聞けないのだった。

全国350カ所に急拡大、トラブルも

 地域の商工団体や商店主の有志らが主体となり、次々と新イベントが生まれている街コン。開催情報を掲載するサイト「まちコンポータル」を運営する「チェンバーメディア」(東京都)によると、現在は約350の街コンがあるという。

 2004年8月に宇都宮市で始まった「宮コン」を皮切りに、関東地方などで開催が相次いだ。震災の自粛ムードで停滞した時期もあったが、被災地の福島や仙台が復興に向けて開いたのを機に、昨年夏ごろから全国各地で爆発的に広まった。

 なぜ、ここまで普及したのか。同社事業推進部の林智章さんは、主催側と参加側の双方に「手軽さ」があるとみる。「主催者にとって街コンはさほど経費がかからず、ほぼ参加費でまかなえるイベント。参加費は男性で5000円から7000円ほどだが、それで3、4軒飲み歩けるなら参加者にも損はない」

 ただ、男女や金銭の問題も絡んでくるだけに、トラブルと無縁ではない。多いのは、男女比率が偏っていることへの苦情だ。男性同士のいざこざも少なくない。4月には、都内で主催者が前売り券の代金を持ち逃げした事案があったという。

 同社はトラブル対策として、個人の主催者からサイトへの掲載依頼があった場合は、身分証明書の写しを求めるようにした。健全な街コンには「安心安全マーク」を付与することも検討している。

 担当・佐藤航 ※次回は27日付Human Recipe。「図工女子」が登場します。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索