トップ > 北陸中日新聞から > popress > Human Recipe > 記事

ここから本文

popress【Human Recipe】あの人はどうやって「今」にたどり着いたか
 

ひねくれ者 直球勝負 映画監督 真田康平

映画「しんしんしん」の真田康平監督=金沢市香林坊のシネモンドで

写真

 行くあてのない6人が集まった疑似家族の崩壊と再生を描いた「しんしんしん」は、石川県中能登町出身の映画監督真田康平(29)の劇場映画デビュー作だ。昨年公開され、揺れ動く人の心を確かに捉える演出力が、高く評価されている。身近に映画館がない田舎で育ち、テレビ放映の作品を録画して見ていた少年は、監督として着実に歩みだした。(聞き手・角雄記)

身近に映画館なく

−映画を好きになったのは。

 初めての映画館は5、6歳のころ、ゴジラとアンパンマンの併映で、七尾市の映画館が廃業する直前の上映だった。中高生のころは、週末にテレビで放映される映画を録画してずっと見ていた。当時のVHSは今も大量に家にある。ハリウッドやスタジオジブリの映画が好きだった。映画に関わる仕事をしたいと漠然と思っていた。

 高校生のころ、金沢シネモンドで橋口亮輔監督の映画を見て、邦画でもおもしろいことをやっている監督がいる。自分でも撮ってみたいって。

−大学のサークルで初めて映画を撮った。

 東京の美大を受けたけど失敗。美大用の勉強なんて分からなくて。地元の金沢大教育学部に進み、サークルは映画研究会に入った。当時はデジタルビデオカメラとパソコンの編集ソフトがあれば、それなりの品質の自主映画を作ることができた。中高生の時によく読んだつげ義春とかのマンガに影響を受けたのか、内容は不条理劇が多かった。

 卒業制作は6分ほどの映画で、タイトルは「脱皮する」。水で薄めた木工用の接着剤で役者の全身に薄い膜を作って、女の子にふられた男が膜をびりびり破って脱いで「一皮むけました」という落ち。実はその後、この作品が、うけた。

劇場映画デビュー作「しんしんしん」の一こま

写真

プロの現場を体験

−卒業後は。

 映像プロダクションの契約社員におさまった。CMやWEB(ウェブ)ムービーの撮影に携わった。月400時間働いて、肉体的にもハード。プロの現場を体験できたけれど、やっぱり自分で劇場映画を撮りたくて、1年半いて辞めた。あこがれだった映画監督の黒沢清さんが教えていた東京芸術大大学院に行こうと、半年間、受験用の作品を作った。

 1次試験に「脱皮する」を出した。それを見た黒沢さんの中で何かが引っかかったらしく、難しい試験の中でなんとか合格できた。「ああいう変わったのまたやらないの」と黒沢さんには今でも言われる。

−大学院で学んだことは。

 実習では制作費を与えられ、出演費を出して役者を頼んだ。役者に任せる部分、自分で決める部分をきちんと分けることが大切と学べた。現場でいろんな人とけんかもしたし、監督が一番孤独と分かったが、映画は一人で作る物ではないという事を一番学んだ。

撮影現場での真田監督(右)

写真

好きな曲がヒント

−卒業制作が「しんしんしん」。

 泥臭い人間関係を真っ正面から描いたロードムービー。自分の本性はひねくれているから、直球勝負の映画をやって幅ができた。この作品は、高校生の時からよく聞いていたバンド「はっぴいえんど」の曲の歌詞から着想を得た。自分が影響を受けてきた物の集大成。重く、暗い話ながら、見た人に何か届く物がある作品になったと思う。

 「劇場で上映してみなよ」との声が周囲で上がり、自分で東京の映画館に交渉してみると、宣伝をしっかりやるならとの条件でオッケーをもらった。富山で上映された時、友人が「高校のころから映画を撮りたいと言っていたね」と声を掛けてくれた。フラフラしていても、やりたいことをやらせてもらえている環境にいるんだなとしみじみ思った。

地方の人描きたい

−今後はどんな映画を。

 自分は石川県に生まれ、22歳まで住んだ。都会の人より地方の人を描きたい、描こうと思っている。日本の土着的な精神を映画で撮ってみたい。

 映画はたったのワンシーンでも見ている人の人生に影響を与えられる芸術。むしろ影響を与えられる映画を撮りたい。 (敬称略)

写真

 さなだ・こうへい 1984年、石川県中能登町生まれ。県立七尾高校、金沢大教育学部卒業。映像プロダクションで1年半ほどCM制作に携わったのち、映画監督として国際的評価の高い北野武が教授に就任したことで話題を呼んだ東京芸術大大学院映像研究科に進学した。「しんしんしん」は全国の映画館で公開され、2012年5月にドイツで開かれた日本文化を紹介するイベント「NIPPON CONNECTION」にも出品された。

 ※次回は19日付Attention! モンゴル武者修行ツアーの体験記です。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索