トップ > 北陸中日新聞から > popress > Human Recipe > 記事

ここから本文

popress【Human Recipe】あの人はどうやって「今」にたどり着いたか
 

演技 自然に素直に 女優 内田もも香

写真

宝塚巣立ち 富山から発信

 富山県東部、朝日町にあるカフェの扉を開けると、なんだか目力(めぢから)を感じる女性が笑顔で出迎えてくれる。時代劇やサスペンスドラマなどで活躍する元タカラジェンヌの女優、内田もも香(28)。華やかな舞台や都会を経て、地元の富山を活動拠点に選んだ。「自然体」の演技をめざして。(聞き手・広田和也)

厳しさ乗り越えて

−どうして宝塚を目指したのか。

 小学生のころからダンスが好きで、中学2年の春に母と関西を旅行し、宝塚の舞台を見て、興味を持ちました。その後、テレビ番組で、当時月組のトップスターだった真琴つばささんが若手4人を率いて華麗に踊る姿を見て「なんて格好良い人」と大ファンに。つばささんが出演する舞台のビデオをたくさん借り、どんどん宝塚にのめり込みました。

 中学2年の秋、「そんなに好きなら受験したら」と担任の先生に言われ、「そうか。入っちゃえばいいんだ」と。すぐにクラシックバレエを習いだし、土日は兵庫県宝塚市の宝塚受験スクールまで通って勉強。2回目の挑戦で宝塚音楽学校に合格しました。

−宝塚時代の苦労は。

 音楽学校での2年間はバレエにタップダンス、茶道や三味線などの授業もあり、ほとんどが初体験だったから、新鮮で楽しかった。

 ただ、1年生の時は宝塚特有の上下関係が大変でした。寮生活で、上級生には許可が無い限り話し掛けられなかった。先輩にしかられすぎて「すみませんでした」が口癖に。寝言で先輩に謝っている子もいたほどきつかった。一緒に入学した同期がいたから、支え合って乗り切れました。

 卒業後は「愛紗もも」の愛称で宝塚歌劇団の宙(そら)組に入団、娘役などを演じました。初めての舞台、締めのラインダンスに観客から大きな拍手が起こり、熱気に感動しました。少年役も演じたし、阪急電車に乗って観光地を巡る番組のリポートも体験できて、とても充実した日々でした。

写真

初仕事は水戸黄門

−あこがれて入った歌劇団を3年で辞めて、テレビの世界に活躍の場を移した。

 舞台後、ふとテレビドラマや映画を見ると、役者が自分の持ち味を出して演技をしていることに気付きました。宝塚では全員が華やかすぎるほどの化粧をして、男役も女性が演じる。宝塚の素晴らしさでもあるけれど、自然な姿ではないともいえる。自然体で演じる楽しさを実感したくなって。

 決断するなら早いほうが良いと、21歳で退団。東京の芸能事務所に所属し、女優としてスタートを切った。テレビの初仕事は、大好きだった時代劇の「水戸黄門」(TBS系列)。輪島塗師の娘役を演じ、宝塚の授業で学んだ着物姿の所作が役立ちました。当時主演の里見浩太朗さんには今でもお世話になっています。2時間ドラマで共演した小林稔侍さんも尊敬する役者の1人です。

故郷盛り上げたい

−東日本大震災後、活動の拠点を東京から地元の朝日町に。

 震災直後は東京で余震が続いて怖かったし、ちょうど自分の中で何か変化を起こしたいと思っていた時でした。「地元のために何かしてみては」と、震災前に知人から言われたのも影響しています。

 震災から4日後、電車で地元の朝日町に戻ると、田舎の香りがして本当にホッとしました。東京は1人暮らしで寂しかったけど、実家には自分をよく知る家族がいる。わたしは負けず嫌いだけど、寂しがり屋で甘えん坊。そんな感情を素直に出せ、自然体でいられると気付き、地元から東京や大阪の仕事場に通うことを決めました。

−今後はどんな活動を。

 とにかく富山県を盛り上げたい。地元のテレビやラジオ番組に出演し、バンド活動も開始。7月28日に朝日町で開かれる「あさひまつり」でライブをします。

 2年後の北陸新幹線開業は、富山の素晴らしさを全国の人に伝える良い機会。地元に恩返しできるよう、PRに一役買いたいです。 (敬称略)

写真

人生のSpice

 【歌うこと】

 宝塚音楽学校でイタリア組曲や合唱など、さまざまな歌を学び、歌う楽しさに目覚めた。歌手の椎名林檎さんの曲も好きで、自らバンドを結成してボーカルを担当。毎週火曜日にパーソナリティーを務めるFMラジオ・ミューの番組でリスナーからのリクエスト曲を歌っており、今もボイストレーニングに励んでいる。

 うちだ・ももか 1985年生まれ。高校1年まで富山市で育ち、2001年に宝塚音楽学校に入学。卒業後、宝塚歌劇団の宙組に入団し、娘役などを演じた。06年に退団、女優の道へ。出演した主な番組は「水戸黄門」「所轄刑事シリーズ」(フジテレビ系列)「鉄道警察官・清村公三郎」(テレビ東京系列)など。現在は朝日町に活動拠点を置き、JR泊駅近くの実家で母が営むカフェ「スタジオ&ギャラリーカフェふかみ」で働きながら、女優、音楽活動を続けている。

 ※次回は29日付Spot&Place 富山市の路面電車(ポートラム)に乗って周辺の見どころを案内します。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索