トップ > 北陸中日新聞から > popress > Human Recipe > 記事

ここから本文

popress【Human Recipe】あの人はどうやって「今」にたどり着いたか
 

声 そのまま ふわり アコースティックデュオ 羊毛とおはな

写真

 ふんわりと柔らかな歌はギターの温かい音色に乗り、まるで上質なウールのように心地よく響く。ボーカルの千葉はな(おはな)とギター市川和則(羊毛)によるアコースティックデュオ、羊毛とおはな。21日に金沢でのライブを控える2人を訪ね、結成から最新アルバム「月見草」に至る歩みを語ってもらった。(聞き手・佐藤航)

しゃべり言葉の方が伝わる。

−結成は、ネット上のメンバー募集がきっかけだったとか。

おはな 私が募集を出していて、羊毛さんが連絡をくれたんです。歌手を目指して富山から上京したばかりでした。

羊毛 「羊毛」っていうのは、その時使っていたハンドルネーム。僕は当時組んでいたバンドのボーカルを探していて。一緒にスタジオに入ってみたんですが、「バンドだと声がかき消される」って断られたんですよ。

おはな そんな言い方したっけ(笑)。今はバンドツアーにも出ているけど、当時はバンドでやるつもりじゃなかったので。その後、「バンドは難しいけど、2人でやろう」って誘ったんです。

羊毛 お互い練習台くらいにしか考えてなかった。

写真

−知らない者同士だったわけですが、当初はどんなふうに向き合っていたんですか。

おはな 私はジャズをやりたくて、ハスキーで低い歌声を目指していた。でも羊毛さんは「そのままの声がすごくいい」と言ってくれたんです。無理して自分に合わない声を出している感じはあったので、そう言ってもらえて自然体で歌えるようになりました。

羊毛 しゃべり言葉みたいなニュアンスって、歌うより感情が伝わると思う。歌えば歌うほど言葉ではなくなっていくな、と。だから「もっと下手に歌って」と言いました。「下手に」というのは語弊があるけど、うまい下手は気にせず歌ってほしかったから。

ギターと歌でシンプルにね。

−そんな2人を有名にしたのが、「リビングでライブをしているような」というコンセプトで2007年に始まった「LIVE IN LIVING」シリーズでした。

羊毛 実際にはリビングでやってないんだけど、ギター1本あればどこでもできる、っていう気軽さがリビングに通じているというか。ライブでは基本的に2人なので、等身大の僕らを聴いてもらえる感じです。

おはな そうそう。ギターと歌でシンプルにね。

−一方、オリジナルアルバムはバンドサウンドで多彩な音を聴かせていますね。

おはな イメージ的にはオリジナルが絵本、「LIVE〜」は小説なんです。「LIVE〜」はギターと歌だけで、背景も色付けもない。小説みたいに、聴き手は頭の中でいろいろ想像できる。オリジナルはバンドで挿絵や背景を描いて、聴く人に分かりやすくしています。

写真

−昨年秋にリリースしたオリジナルアルバム「月見草」は、ハナレグミなどのプロデュースを手掛ける鈴木惣一朗さんがプロデューサーを務めました。

おはな 惣さんは新鮮さを大事にする方で、ほとんど一発録(ど)りに近かったかな。普通は部分だけでも録り直したりするんですが、そういうのは一切なし。良しあしも含めてストーリー、完ぺきなものは面白くないっていう考え方でしたから。

羊毛 最初から方向性が違っていたのかも。前は世界観を出したい時、例えば公園で録って周りの音を入れるのもありだったんだけど、今回はそれすら不自然だった。最初に作ったデモが尊くて、惣さんはそれをすごく大事にしてくれた。何かを付け加えるんじゃなく、ひたすら原石を磨く作業でしたね。

おはな レコーディングのために録った仮歌が、そのまま採用された曲もあったよね。「朝のプリズム」っていう。朝寝坊してすぐ声を出した、みたいな感じが朝っぽかったんです(笑)

写真

−最後に金沢でのライブに向けてファンに一言。

おはな 金沢のライブを企画してくれる「toridori」っていうイベンターさんのステージが素晴らしいんです。演出や装飾が凝っていて。

羊毛 僕らもどんな舞台になるか知らないので、当日は一緒に驚きましょう。

1.21 金沢でライブ

バンドツアー「月見草の旅」

時間 午後6時開場、午後7時開演

会場 金沢市民芸術村パフォーミングスクエア(金沢市大和町)

チケット 前売り4500円/当日5000円(全席指定)

 ※前売りで完売した場合、当日券は販売しません。

問い合わせ puddle076(223)0038/まちの花屋さん076(240)8855

 羊毛とおはな 富山県高岡市出身の千葉はなと静岡県富士宮市出身の市川和則が2004年に結成。07年からコンスタントに発表している「LIVE IN LIVING」シリーズには幅広い年代の洋楽・邦楽のカバー曲とオリジナル曲を収めている。オリジナルアルバムは08年に「こんにちは。」、09年に「どっちにしようかな」をリリース。11年10月には「月見草」を発売した。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索