トップ > 北陸中日新聞から > popress > Human Recipe > 記事

ここから本文

popress【Human Recipe】あの人はどうやって「今」にたどり着いたか
 

2分間の勝負にかける 女性オートレーサー 坂井宏朱

写真

 長らく男性選手だけの競技だったオートレースに今夏、44年ぶりに2人の女子レーサーが誕生した。そのうちの1人、坂井宏朱(27)=金沢市出身=はバイク経験のない社会人から一転、勝負の世界に挑戦。2分間のレースにすべてを懸ける選手たちの姿に恋い焦がれ、憧れのコースを走り始めた。

スピード、爆音 魅せられ転身

 −久々の女子選手として注目を集める中、デビュー9戦目でようやく念願の初勝利をつかみました。

 デビュー戦はがちがちに緊張して、練習で教わったことをまったく出せませんでした。自分ではあまり意識していないつもりでしたが、注目してもらっているからには「何とか結果を残したい」という気負いがあったのかもしれない。自分のことで頭がいっぱいで、周りを見る余裕すらありませんでしたね。

 ただ、タイムそのものは一戦一戦上がっていました。少しずつレースの雰囲気に慣れてきただけでなく、私が速くなるよう師匠や先輩が一緒に悩んでくれたから。9戦目も後半は力が入ってしまいましたが、1着を取ったことで少しでも恩返しできたなら、本当にうれしいです。

 −旅行会社の社員からレーサーに転身したきっかけは。

 子どものころから「速い乗り物」とか「高い場所」とかの刺激が大好きで。ずっとバイクにも憧れはありました。でも、両親は「免許を取ったら家から追い出す」というくらいバイクには大反対。それを押し切ってまで乗ろうとは思わなかったし、当時はオートレースの存在すら知らなかった。旅が好きだったので、大学を出た後は第1希望のJTBに就職したんです。

 転機は社会人2年目だった2008年の12月31日。友達に誘われて、オートレースで一番大きい「スーパースターフェスタ」を見にいったんです。爆音とスピード感、レース場の雰囲気がすごく印象的で、まさに一目ぼれでした。そこから一人でも見にいくようになって、わずか2分間のレースに全精力を注ぐ選手たちの魅力に引き込まれました。

写真

 −レーサーへの道のりを振り返って。

 09年秋にネット上で選手募集の告知が出ていて、それを見た瞬間に受けようと思いました。高校を出てからはスポーツをやっていなかったし、バイクには乗ったことすらなかったけれど、まったくためらいはなかった。本当にオートレースが好きだったので、落ちてもまた次を受けるつもりでした。

 試験に向けて取り組んだのは体力づくりです。会社への通勤を電車から自転車に変えて、毎日1時間のランニングと筋トレも続けました。それでも自信はなかったんですが、何とか受かることができた。受けたのは女性に門戸が開かれてから2回目の試験だったんですが、女性は30人ほど受験して受かったのは2人だけだったそうです。

写真

 −周囲の反応は。

 1次試験の合格通知が来るまで、両親には何も話していませんでした。初めて打ち明けた時は、もう目が点というか、絶句していました。でも思いを伝えたら、「やれるだけやってみなさい」と言ってくれた。言い出したら聞かない性格というのを分かっていたんでしょうね。後になって「心の中では落ちてほしいと思っていた」と聞かされましたが、今は誰よりも応援してくれています。

 家族だけでなく、高校や大学の友達がレースを見に来てくれるのも励みになります。私自身がそうだったように、それまでオートレースをまったく知らなかった子が、魅力を感じてくれるのが何よりうれしい。モチベーションが上がりますね。

 −それほどまでに自身や周囲をひきつけるオートレースの醍醐味(だいごみ)を教えてください。

 疾走感や迫力もそうですが、何より「2分間に懸ける思い」が一番の魅力です。2分足らずのレースのために練習を重ねて、夜遅くまでバイクの整備をして−。ずっと思い通りできなくて、悩み続けていたことができるようになった時。「もっと速くなりたい」という思いが報われた時の喜びは、ほかの何物にも代え難いですから。

  (敬称略)

  担当・佐藤航

写真

人生のSpice

 【養成所の同期】友達や家族よりも濃い時間を過ごしたと言ってもいいくらい、一緒に悩み、励まし合った仲間です。同期がいなければここまで頑張れなかった。特に同じ船橋の3人には助けられてばかりですね。

 レース場のロッカーには、同期全員のサインが入ったTシャツを飾っています。養成所の卒業式前にお互いにサインしたもの。これを見ると「私も負けていられない」と思いますね。同期全員で速くなりたいです。

 さかい・ひろみ 1984年、金沢市生まれ。法政大を卒業後、2007年に旅行会社大手のJTBに就職。10年にオートレース第31期選手候補生の採用試験に合格。9カ月の養成所生活を経て、11年7月に船橋オート(千葉県船橋市)で選手登録された。

 オートレースは1967年に女子選手が引退してから、長く男性選手のみを採用してきたが、07年に採用条件を改正。モトクロスから転向した佐藤摩弥さん(19)とともに44年ぶりの女子選手となった。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索