トップ > 北陸中日新聞から > popress > Human Recipe > 記事

ここから本文

popress【Human Recipe】あの人はどうやって「今」にたどり着いたか
 

トーキョー 最旬モード 案内人 フォトグラファー シトウレイ

写真

 国内外のブランドやセレクトショップが軒を連ねるファッションの中心地・原宿。この街に通い、思い思いに着飾る男女のスナップショットを撮り続けている女性がいる。フォトグラファーのシトウレイ(31)=石川県加賀市出身。目まぐるしく移り変わる流行の先端にレンズを向け、インターネット上で日本のスタイルを全世界に発信している。(担当・奥野斐)

原宿歩き撮影 ブログで発信

−原宿を拠点に街行く人のファッションを撮影、3年前からブログで発信しています

 晴れていれば週5日ぐらい、原宿で「写真を撮らせてください」って声をかけています。撮影するのは服の色使いやバランス、街とのとけ込み具合でピンとくる人だけ。カメラを持って探しながら歩く。

 ブログの写真には撮影時の話や、スタイルのポイントを英語と日本語で添える。スカートを着た男の子を「スカート男子」と紹介したら定着したこともあります。

 写真は1日1枚、ブログに載せることにしていますが、正直、最初はどういう子を撮るか迷いもあったし、写真もうまくなかったと思う。1000人ぐらい撮影した時に「これでいいのかな」って少しずつ迷いもなくなりました。ブログを見てくれる人も増え、今ではアクセス数が月約20万件あります。

9月発売予定の写真集書籍版より

写真

−街で撮る魅力は

 初めて会う人が相手なので断られてへこむ時もあるけれど、その人が持つ魅力に出会えるからすごく楽しいんです。パンクな服を着た人が話すと意外に親孝行だったり。毎回発見があるから全然飽きない。

 最近は海外へも撮影に行きますが、ベースは原宿。ここは世界で一番ファッションの流れが早い。みんな、おしゃれにアグレッシブで「チャレンジ」を許してくれる場所だと思います。

−ファッションへの関心はいつから

 石川にいたころは高校が進学校だったので、興味はあっても制約があって。上京して原宿に通うようになったり、ヘアカットモデルにスカウトされて雑誌に載ったりしてから興味がより強くなった。大学の時に事務所に入り、モデルの仕事も始めました。でもファッションを職業にするつもりはなかったですね。

 流れに乗って今に至る感じです。大学の時も卒業後はどうしようと思いつつ、なんとなくモデルを続けていた。2004年、突然知人の編集者に呼び出され状況が変わりました。

 一眼レフカメラを手渡され、原宿で街行く子を撮ってくるよう言われた。そんな本格的なカメラなんて持ったこともないし、最初は「人違いじゃない?」って思ったけど、あまり深く考えずそのまま雑誌の専属カメラマンになりました。

写真

−カメラマンとしてのこだわりは

 専門的な勉強をしたわけでもないし、技術はないけど、楽しみながら撮ることを心掛けています。フォトグラファーが疲れた様子を見せると、相手もいい表情にならないから。

 ファッションって、意識的にも無意識的にも自分を表してしまうものだと思うんです。私は着たいものを身につけた街行く人を撮る。報道カメラマンのように、その時代のスタイル、その瞬間のドキュメントを「記録」する。10年続けたらファッションの変遷が分かる資料になると思っています。

−ブログを開設したのはなぜ

 雑誌は読者に届くまで時差があるし、反響がよく分からない部分があって。3年半前、撮影で訪れたニューヨークで偶然1人の男性に写真を撮られ、ブログに掲載された。一瞬にしてコメントが100も200も世界中から寄せられる様子を見て、私も東京でこれをしようって決めました。

 その時は水玉のワンピースにスニーカー、黒髪のおかっぱで黒縁メガネだったかな。後日、撮影してくれた男性が有名なフォトグラファーだと知りました。私は東京のストリートファッションを世界に発信したい。28歳の時にようやくやりたいことを見つけ、初めて自分で人生の舵(かじ)を切ったんです。

−今後は?

 アジアにも目を向けていきたい。6月にシンガポールへ行った時、「アジアはこれから、どんどんファッションが洗練されていく」と感じました。韓国や台湾、中国、マレーシアでも写真を撮り、いつか、ブログ「STYLE from ASIA」として発信できたらいいですね。 (敬称略)

「STYLE from TOKYO 2010S/S for iPhone」

写真

「STYLE from TOKYO 2010S/S for iPad」

写真

人生のSpice

【腕時計】 高3の秋、志望校の合格ラインに成績が追いついていない時にお小遣いを全部使って買った。あえて男性用の高価な時計を選び、「これに恥じない大学に入らなきゃ」と猛勉強の末、合格。それで上京できたから今につながった。10年間使い続け、やっとなじんできたかな。

シトウレイ 1979年、石川県加賀市生まれ。小松高卒業後、早稲田大へ進み、在学中からモデルとして雑誌などで活動。ファッション誌の専属カメラマンを経て08年に独立し、ブログ「STYLE from TOKYO」を始めた。全国紙や業界紙、雑誌で連載を持つほか、アパレル企業のマーケティングにも携わる。

シトウレイさんの活動をもっと知りたい人は…

◆ブログ「STYLE from TOKYO」http://reishito.com/

◆ブログの掲載写真をまとめた写真集の電子書籍版=ページ(左)(下)=に続き、9月には書籍版=同(上)(中)=がディスカヴァー・トゥエンティワンから出版される

 

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索