トップ > 北陸中日新聞から > popress > 特集 > 記事

ここから本文

popresspopress【特集】
 

新聞の価値って?

1部と交換してください!

写真

 「新聞の価値ってなんですか」。学生さんたちと接していると、そう聞かれることが多いです。一生懸命、説明してもイマイチ分かってもらえない…。もっと分かりやすく、新聞の価値を表現できないかと、大学生から30代の20人に新聞1部につり合う同じ価値のものと交換するなら? と聞いてみました。 (編集長・蓮野亜耶)

新聞1部となら…

写真

「自作の髪飾り」唯一無二の一点物

金沢大3年 夏畑李香さん(21)

 政治、経済、地方のおもしろい話題まで幅広い情報が載っているので、1部300円くらい? 1日だって同じ新聞がないし、朝刊って一点物ですよね。唯一無二という点では、自分で作った髪飾りと同じくらいの価値になりますかね。自分の欲しい情報が載っていたら、もっと価値は上がると思います。

写真

「英字新聞の封筒」編集長に似てる絵だし

金沢美大1年 岡田理恵子さん(18)

 新聞1部って60円くらいですよね? それだったら、作家さんの作品制作をお手伝いしたお返しにもらった封筒をあげます。英字新聞で作られていて、封筒に描かれた女性も蓮野さんに似ているし(笑)。新聞って自分で稼いだお金で読むものだと思うし、自分の労働で得たものと交換するのが一番かな。

興味のある記事となら…

写真

「あめ一つ」サッカー記事しか読まない

金沢工大3年 竹内智哉さん(20)

 興味のあるのはスポーツ欄だけで、あとは読まない。7月24日の朝刊だと、24面に載っていたJリーグの川崎フロンターレが首位に立ったという記事と、リオデジャネイロ五輪のサッカー代表、浅野拓磨選手が英国アーセナルへの移籍が完了したという記事。この二つなんで、交換するなら、あめ一つですね。

 竹内さん以外にも、読みたい記事に見合った価値を付けた人の中にはこんな物と交換してくれるそうです!

 毎朝、お悔やみ欄を見ます。むしろお悔やみ欄しか見ないので線香1本分。金沢市の接骨院経営男性(30)

「ポケットティッシュ」テレビ欄以外興味なし

 テレビ欄以外は興味がないし、もらっても何も使えないので道でもらったポケットティッシュとなら交換する。金沢市の大学1年女性(18)

 見出しと地元のページだけ見るので、ペットボトル1本と交換。金沢市の男性会社員(25)

 テレビ欄しか見ないので、チョコ菓子「ブラックサンダー」1個。金沢市の女性デザイナー(20)

自分が載った新聞となら…

写真

「クロッキー1冊」記者メモはスケッチみたい

金沢美大3年 川辺優美子さん(21)

 ポプレス掲載後に新聞を見たと声を掛けてくれる人がいてうれしかったです。

 取材中、わたしの話をメモしたノートが印象的。記者さんがノートに書いたメモから新聞ができるところは、スケッチに描いたものが作品になるところと似ている。本当は価値は付けられないけれど、スケッチ帳の「クロッキー」1冊かな。

「生活費の3分の1!」自分の体験談が載ったから

 7月末の朝刊で、参院選で自民、野党陣営の支援者として対談をした金沢市の主婦の市井早苗さん(38)と金沢工業大3年の那須野孝太さん(21)。

 2人とも互いの陣営の活動や、なぜ候補者を応援しようと思ったのかを知りたかったと言い、本紙が企画した対談ができてうれしかったと話します。

 この日の朝刊は何にも代えられない宝物。新聞1部の価値は市井さんは「生活費の3分の1!」。那須野さんは「古本屋で買ったビジネス本をよく読むのですが、奮発して新品の文庫本10冊分の価値」。

こんな物とも交換!番外編

写真

「クリップ取り出しグッズ」便利そうだけど使わない…

金沢大3年 岩崎永太郎さん(21)

 朝刊1部と同じ値段で買った磁石でクリップが取り出せるという便利グッズと交換します。

 使いやすいと思って買ったんですが、案外使わなくて。

 新聞も社会を勉強できると思って購読するけれど、結局読まないところが同じかななんて(笑)。

そのほかには…

 そのほかには…

 情報が豊富なので、イケメンの無料通信アプリ「ライン」のID。金沢市の女性会社員(21)

 人にあげても気にならないタバコ2本くらいですかね。男性会社員(34)

 バーベキューの火付け、商品梱包と、マルチな活躍をしてくれます。持っているもので一番役立ちそうなハンドタオルと交換。フリーペーパー男性編集長(31)

編集長の感想

自分事として考えられる記事を

 「雑多な情報が載っている新聞をめくれば新たな世界と出合える」。これが新聞の価値かなと説明してきました。

 学生からは、「情報が多いが、自分が読む記事が少ないので価値は低い」という声が多かったです。一方で、新聞に登場してくれた人は想像以上に価値を見いだしてくれました。若い人が登場し、自分事として考えられるような記事がやはり必要になるなと改めて感じました。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索