トップ > 北陸中日新聞から > popress > 特集 > 記事

ここから本文

popresspopress【特集】
 

人を「つなぐ」力に一票

写真

 若者の政治離れが叫ばれて久しい。低い投票率は、為政のリーダーに対する無関心やあきらめの表れともいえる。ではどんなリーダーを若者は望んでいるのだろうか。石川、富山両県在住の20代50人を対象に、本紙の20、30代記者がアンケート。歴史上、アニメ、スポーツ選手らさまざまな名前が挙がり、「人と人をつなぐ」能力を重視する意識などが浮かび上がった。

20代が考える 理想のリーダー像

 「理想のリーダー」には40人の名前が挙がった。最多4票で並んだのは維新志士の坂本龍馬と、人気漫画「ONE PIECE」(ワンピース)の主人公モンキー・D・ルフィの2人。選んだ理由に共通するのは「人とのつながり」を重んじる姿勢だ。

 龍馬を挙げた富山県氷見市の団体職員奥村寿江さん(26)は「利権や自らの金もうけにとらわれず、日本を良くしようという思いで行動した」と評価。ルフィは仲間を引っ張る姿勢が共感を集めた。金沢市の大学生藤井俊輔さん(20)は「自分の夢を掲げ、率先して行動する。自然と皆をひきつけている」と話す。

 ジャンル別では漫画やアニメの登場人物が最多の10人に上り、ドラマや映画も含めたフィクションの人物は14人に。宮崎駿監督の映画「風の谷のナウシカ」のナウシカは2人が支持し、石川県七尾市の会社員半座由季子さん(24)は「包容力や器の大きさはもちろん、勇気や情熱を感じる」と話す。映画化された小説「永遠の0」の零戦パイロット宮部久蔵を挙げた富山県南砺市のバット職人中塚陸歩さん(24)は「周囲に何を言われようと、強い意志で部下を導く姿勢」にひかれた。

写真

 現実の人物では、米ヤンキースのイチロー外野手(40)、ソフトバンクの孫正義社長(56)、俳優の渡辺謙さん(54)ら幅広いジャンルから名前が挙がった。宮藤官九郎さん(43)を推した石川県小松市の学芸員横幕真さん(27)は「場を盛り上げる力」を重視。「人の心をつかむ能力につながる」と話す。

 政治家は故田中角栄氏、小泉純一郎氏(72)の元首相ほか、参院選に立候補した音楽家の三宅洋平さん(35)と東京都知事選に挑んだ元ひきこもりの連続起業家家入一真氏(35)。4人にとどまった。

 三宅さんを推した南砺市の主婦林奈美子さん(29)は「皆が主役で『自分から始めよう』と思わせてくれる」と評価。家入さんを挙げた金沢市のショップ店員安念美弥さん(28)は「ネットを使う若者を中心に『政治は政治家だけのもの』という価値観を壊そうとしている」と期待した。

 理想のリーダーを選んだ理由を選択式で聞いたところ、「決断力」「情熱」「人格・誠実さ」が9票で並び、次いで「先見性」が8票だった。

写真

○4票

坂本龍馬=江戸幕府を倒すきっかけをつくった幕末の志士

モンキー・D・ルフィ=漫画「ONE PIECE」主人公、仲間との絆を大切に、海賊王を目指す

○2票

真田幸村=武勇の誉れ高い戦国武将

孫正義=ソフトバンク社長

スティーブ・ジョブズ=米アップルの元最高経営責任者(CEO)

ナウシカ=映画「風の谷のナウシカ」ヒロイン。優しさと強さ、リーダーシップを併せ持つ

○1票

家入一真=元ひきこもりの連続起業家、2014年の東京都知事選出馬

小泉純一郎=郵政民営化など行革を進めた元首相、「変人」とも呼ばれた

田中角栄=コンピューター付きブルドーザーの異名を取った元首相

三宅洋平=2013年参院選に出馬した音楽家、落選したが個人得票は17万7000に迫った

石田三成=豊臣秀吉に仕えた戦国武将

黒田官兵衛=秀吉の天下統一を演出したものの、謀反を疑われた戦国武将

曹操=武術と兵法に長けた三国志の英雄

武田信玄=最強と呼ばれた騎馬軍を率いた戦国武将

徳川家康=「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」の姿勢で天下統一

山本五十六=日独伊三国軍事同盟に反対の姿勢を貫いた海軍軍人

江角マキコ=女優

宮藤官九郎=NHK連続テレビ小説「あまちゃん」などを手掛けた脚本家

城島茂=アイドルグループ「TOKIO」リーダー

宮根誠司=フリーアナウンサー

米倉涼子=女優

渡辺謙=俳優

イチロー=野球選手、米大リーグヤンキースの外野手

本田圭佑=サッカー選手、ACミランのMF

野村克也=通算の試合出場数1位、安打、本塁打、打点2位の元プロ野球選手、元監督

チャールズ・チャプリン=世界の喜劇王

仁志出憲聖=金沢市近郊の学生が作るフリーマガジン「atetote」を立ち上げる

本田宗一郎=ホンダ創業者

風越信吾=佐藤浩市が演じたドラマ「官僚たちの夏」の主役。敗戦後の日本を豊かにしようと奔走したミスター通産省

倉石義男=内野聖陽が演じたドラマ「臨場」の検視官。鋭い検視の一匹狼で上層部に疎まれるが若手から慕われる

杉下右京=水谷豊が演じるドラマ「相棒」主人公の1人。冷静沈着で頭が切れる刑事

宮部久蔵=映画、小説「永遠の0」主人公の零戦パイロット

赤木剛憲=漫画「スラムダンク」の湘北バスケ部主将、競技に強い熱意を持つ

安西光義=漫画「スラムダンク」の湘北バスケ部顧問、他校監督からも「安西先生」と慕われる

皆本光一=漫画「絶対可憐チルドレン」の特殊エスパー「ザ・チルドレン」現場運用主任

由良和馬=漫画「かっとび一斗」の清雅学園キャプテン。弱小サッカー部を強豪に

アンパンマン=お腹がすいたり、困っている人がいたら助けに飛んでいくヒーロー

エドワード・ニューゲート=漫画「ONE PIECE」の白ひげ海賊団船長、仲間を家族のように大切にする

エルヴィン・スミス=漫画「進撃の巨人」の調査兵団団長、冷酷かつ非情な指揮官

リヴァイ兵長=漫画「進撃の巨人」の調査兵団兵士長、「最強」とされる

親しみ、カリスマ両方に魅力

識者分析

 仲間や部下を引きつける情熱や人柄を重視する一方、孤高の人物にも憧れる−。博報堂ブランドデザイン若者研究所の原田曜平さん(36)はアンケート結果から若者のリーダー観を分析する。

        ◇  ◇        

 実力も伴って結果も残すが、周囲は距離を感じる人物は古いタイプのリーダーで、プロ野球の監督で例えると野村克也さん、落合博満さん。新世代のリーダーは周囲と同じ目線に立って接する。野球監督なら原辰徳さん、栗山英樹さん。

 そうした新旧リーダーの資質を両方とも求める心情が、20代前後の若者にはみられる。「人と人をつなぐ」という特徴は共通しているが、カリスマ的な存在でもある龍馬と、仲間を大切にするルフィが1位で並んだのは、その表れといえる。

 会員制交流サイト(SNS)に慣れ親しんだ若者にとって、付き合いの広さは一つのステータス。誰とでもうまく付き合える人に憧れる傾向がある。

 SNS上の口コミ的な情報が「世の中全て」という認識も強い。それが若者の政治離れにもつながっているのでは。そうした世代の支持を政治家が得るには、SNS上で情報を広めていくマーケティング的な手法が一つの手ではないか。

写真

政治の世界 理想とはズレ

 若い世代の低い投票率が課題に挙がる中、今回のアンケートでは、毎回もしくはだいたい行くとの回答が37人と半数を超えた。

 「行く」と答えた若者は投票を権利や義務、大切な意思表示と捉えていた。「欠かさず行く」とした金沢市の弁護士、宮本研太さん(28)は「1票で政治は変わらないとも思うが、投票しないと何も始まらないから」と話す。

 「行ったことはない」との回答は9人。「誰を選んでも同じ」「年配者向けの政策が多く、政治が身近に感じられない」など、現状にしらけ気味。2013年の参院選はネット選挙運動が解禁されたものの、年代別の投票率は60代が67.5%で最も高く、続いて50代(61.7%)、70代(58.5%)。20代はワーストの33.3%だった。

 今回のリーダー像に現職の国会議員や首長の名前は挙がらなかった。政治との距離感がうかがえる。

 まとめ・角雄記、押川恵理子

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索