トップ > 北陸中日新聞から > popress > Attention! > 記事

ここから本文

popress【Attention!】注目のトレンドから地元の話題まで
 

生の迫力 聴かなきゃ損! クラシックのススメ

写真

 豪華なコンサートホール、ハイソで難しい音楽−。クラシックの演奏会に、そんなイメージはないだろうか? 聴きに行きたいけれど「ちょっと腰が引けちゃって…」というアナタ! 一歩踏み出し、魅力を体感してほしい。クラシックを愛する記者(26)はそう願い、初めてでも演奏会を楽しめるヒントをプロや愛好家に教えてもらった。(担当・辻紗貴子)

芯まで響く音色

 演奏会前に予習ポイント(上)を確認。クラシックになじみが薄いという金沢市の専門学校に通う西川真美さん(19)と友人の松崎あかねさん(19)を誘い、同市の石川県立音楽堂を拠点に活動するオーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)の4月の定期公演を訪れた。

 この日は大阪フィルハーモニー交響楽団の奏者34人を招き、OEKとしては異例の75人という大編成=写真。会場は迫力の演奏に期待する人々の高揚感に包まれていた。

 ワーグナー「楽劇『ニュルンベルクのマイスタージンガー』第1幕への前奏曲」で華やかに幕開け。ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」をしたたるような情感で聴かせ、ブラームス「交響曲第1番」の重なり合う弦の重厚な音色が体の芯まで響いた。

 クラシックに取っ付きづらさを感じていたという2人だが、終演後は「流れるような動きで見ても楽しい」「ドラマに出てきた曲もあって面白かった」と目を輝かせ、「これなら数千円掛けてもまた来たい」と顔を見合わせていた。

      ♪♪♪      

普段着で気楽に

 興味はわいたけれど、数ある公演のどれに出掛ければいいの? 服装は?

 「ランチタイムコンサートとか、ホール以外で開かれる気軽な演奏会から始めては」と答えるのは、市民楽団でクラリネットを演奏する金沢市の会社員女性(37)。30〜60分程度の演奏で集中しやすい。雰囲気に慣れたら海外の有名楽団の公演を勧める。地方公演は有名な曲を選ぶ場合が多く、初心者向け。「見る楽しさもあります。舞台に並ぶいろんな楽器や出演者の動きにも注目して」

 同じく市民楽団でファゴットを演奏する白山市の会社員西村彩子さん(27)は、「本場の楽団が自国の作曲家の曲を演奏する」公演を推す。服装は「普段着で十分。勝負服を着ていったことはないですよ」

 「事前に演目を聴いて予習が必要」との心配には「予習を頑張ると飽きそう。生の演奏を味わって」と、小松市の愛好家男性(28)。「会場のつばを飲み込むのもためらうような緊迫感とか、オジサン(奏者ら)のかっこよさもたまらない」と、自己流で満喫している。

 何百年も演奏され、愛されてきた音楽には、人の心の根底をとらえる何かがあるのだろう。近寄りがたかったコンサートホールの門も、くぐってみれば思わぬ世界が広がるかも。

写真

団員のやりとりも見て

OEK最年少丸山さんに聞く

 「面白いことやってるから聴きに来て」と、気軽に誘うのはOEK最年少楽団員、ビオラ奏者の丸山萌音揮(もとき)さん(24)。ポプレス世代のプロに演奏会の楽しみ方を聞いた。

−何に注目して聴けば?

 第1バイオリンの首席奏者(コンサートマスター)は指揮者と並んで楽団を演奏や動きで引っ張る存在。各パートと目線でコンタクトを取り、音楽をつくる。やりとりを見ていると面白い。

−いろんな楽器が演奏されている。

 曲の主旋律(メロディー)を奏でるのは主にバイオリン。でも突然ほかの楽器に移る場合もある。僕が担当するビオラは例えるなら、白黒で輪郭のある絵に色彩を付ける役割。高音と低音の間にあることで和声の厚みなどが違ってくる。

−伝えたい魅力は。

 楽譜の音符は台本のせりふのようなもの。同じせりふでも別の役者が読めば印象が違うように、同じ演奏は二度と無い。その場の空気や奏者の味を乗せて演奏する。クラシックは「立派な音楽」という見方をされがちだけど、感じたままに受け止めてほしい。オーケストラが表現している世界を全て理解しようとしなくても大丈夫です。

写真

ばくの耳よりメモ

♪音響抜群スターライト席 

 OEKの定期公演では、同音楽堂コンサートホール3階の左右バルコニーに、入場料500円の「スターライト席」を設けている。舞台の端が見えない部分もあるが、音響的には最高。若者や、とにかくたくさんの演奏会に行きたいという人に好評だとか。高所恐怖症でなければお試しを。

♪抽選でペア2組ご招待 

 OEKのご厚意により、29日の定期公演にペア2組を抽選でご招待します。20〜30代のクラシックコンサート初心者が対象。曲はモーツァルト「交響曲第25番」、ベートーベン「ピアノ協奏曲第5番『皇帝』」など。応募はメール(popress@chunichi.co.jp)やファクス(076-265-7490)で。名前、住所、電話番号を明記してください。

 ※次回は5日付Love&Sex。途上国の女性を化粧を通じて支援する活動を紹介します。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索