トップ > 北陸中日新聞から > popress > Attention! > 記事

ここから本文

popress【Attention!】注目のトレンドから地元の話題まで
 

おしゃれ着モノ始め

写真

 りんとした立ち姿が美しく、優雅に食事会や街歩きを楽しむ−。そんな「着物女子」に憧れながらも、「お金がかかるのでは」「着付けが難しそう」と、ためらっている人も多いはず。陽気に誘われ、出掛けたくなる春も間近。和装の世界へ一歩踏み出しませんか。(担当・押川恵理子)

安くてかわいい

 「500円で買えるリサイクル着物もありますよ。探せばかわいい掘り出し物も」。普段から着物をよく着ているナレーター、あざみゆみこさん(40)がほほ笑む。

 大正や昭和のアンティーク着物は数千円台からあり、1万5000円程度で一式そろう。大胆な柄や色使いが新鮮に映る。昔は小柄な女性が多かったからか、身長が150センチ台なら選べる種類は豊富だが、160センチを超える女性には少々寸足らず。

 短い袖は袖口をレースで飾り、手袋を合わせるのがお勧め。ブーツやハイヒールを履けば、着物の丈が短い方が足元が締まって見える。工夫がおしゃれのアクセントになる。

ベルトで帯締め

 金沢市のアクセサリー作家(30)も自由に着こなしている。帯締めの代わりにベルト、足元はカラータイツにハイヒール。「着物はワンピースだと派手に感じる柄も違和感なく着られる。赤に青など強い色同士も合わせやすく、組み合わせを考えるのが面白い」と話す。

 洋服感覚で楽しめると知り、和装のハードルが下がった。が、着付けという関門が待つ。

 「3回練習すれば自分で着られますよ」と、再び笑顔のあざみさん。不定期で教室を開いている金沢市中央通町の「小路屋(こみちや)雑貨店」で着付けを教えてもらった。持参したのは、遠目には無地に見える繊細な模様の江戸小紋。正装ではないが、披露宴に着られる訪問着だ。

写真

着付け覚えよう

 まずは着物の下に着る長じゅばん。着崩れを防ぐため、細身の人はタオルを巻いて体形を補正し、腰ひもやだて締めを使ってしっかり着る=写真<1>。生地が着物の襟元から見えるため、おしゃれの上級者は長じゅばんの襟に付ける半襟に趣向を凝らす。

 着物は襟元のVが、のど仏の真下に来るよう着る。Vが深いと色っぽく映るため、加減に注意=<2>。腰の辺りで着物をたくし上げて重ね、「お端折(はしょ)り」をつくる。生地のしわは横、縦の順にしっかり伸ばすことで仕上がりが美しくなる。

写真

 帯は定番の太鼓結びに挑戦。ここで裏技を使う。帯を事務用クリップで留め、太鼓の形をつくってから身に着けると、初心者も結びやすい=<3>。最後に帯揚げや帯締めを整えて完成=<4><5>。

 鏡に映る着物姿に気分はウキウキ。立ち居振る舞いも自然とおしとやかになる。さて、はんなりと出掛けましょう。

写真

 maruna 金沢市中央通町2の10/小路屋雑貨店(午前11〜午後6時半/水・木曜休み)2階で女性用の着物を販売。正装や男性用も扱っている。(電)090(2099)3391

 畳世(たたみぜ) 金沢市新竪町3の95/午前11〜午後6時/火・水曜休み/銘仙や小紋などの日常着や和装小物が並び、カフェもある。9日に金沢市民芸術村・里山の家でイベント「きものであそぼ」を開く。(電)076(263)2632

 凜凜(りんりん) 金沢市増泉1の16の17/午前11〜午後6時/月・火曜・第1日曜休み/リサイクル着物は3000〜5000円台が売れ筋。古い小物や人形なども扱う。カフェやギャラリーも備える。(電)090(4325)6775

写真

 キモノジャック石川 「街を着物で埋め尽くせ」と銘打ち、街中を着物姿で歩く。2カ月に1回ほど開かれ、次回は4月7日に兼六園で花見。参加者は午後2時に金沢市丸の内の白鳥路、利家像前に集まる。集合写真を撮る以外は自由行動。開催日はツイッターとフェイスブックで告知している。

 キモノコミチ 石川・福井両県の着物好きの女性たちが2011年夏から始めたイベント。会場ではアンティークの着物や作家による手作りの小物を販売し、和装に合うアクセサリー作りやフラワーアレンジメントの教室、茶会など楽しめる企画を開いてきた。今年は夏に福井県内、秋に金沢市内で予定している。

写真

「理想は波平さん」 

着物男子集い酒談議

 粋な「着物男子」も増えている。石川県内の20〜50代約20人でつくるグループ「金沢男伊達」は定期的に着物姿で集まり、風情ある茶屋街の散策や酒談議を楽しんでいる。

 男性用の着物は青や茶系の生地が多く、地味な印象だが、メンバーはデニムなど洋服の素材で着物や羽織を仕立て、個性的に着こなしている。生地は正統派にこだわり、小物で遊び心を出す人も。

 メンバーの沖津二郎さん(45)は「今から練習して、かっこいい波平さん(サザエさんの父)になりたい。着物好きな女性にもほめられますよ」と仲間を募っている。問い合わせは金沢男伊達=電076(252)9966へ。

 ※次回は9日付Love&Sex「美容男子」を特集します。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索