トップ > 北陸中日新聞から > popress > Attention! > 記事

ここから本文

popress【Attention!】注目のトレンドから地元の話題まで
 

絵はがきで つながる世界 ネット時代の“文通” ポストクロッシング

左から石川、富山など色鮮やかでユニークな全国のご当地カード

写真

 コンピューターが偶然つないだ海外の相手と、絵はがきをやりとりする「Postcrossing(ポストクロッシング)」が若者を中心に世界中で広がっている。ポルトガル発のネットサービスで、思いもしない国からはがきが届くサプライズ感が受け、登録者は214カ国36万人に。ネットなら一瞬で世界と交流できる今、なぜあえて“文通”なのだろうか。(担当・小椋由紀子)

専用サイトで登録

 ポストクロッシング(ポスクロ)は、2005年にポルトガルの青年が考案したサービス。専用ウェブサイトの登録者間で絵はがきを送り合う仕組みで、共通言語は英語。世界中で会員が増え、これまでに約1500万枚がやりとりされたという。

 サイトに登録すると、他の会員の住所がランダムにコンピューター抽出される。その住所にはがきを送るのだが、このサービスの特徴は自分が送った相手からは基本的に返事が来ないこと。受け取った相手はサイトに到着報告をするだけ。すると、同じように自分の住所を偶然引き当てた誰かから、ある日はがきが届くのだ。

 日本では約5000人が参加。7年前に始め、ブログで魅力を発信する千葉県の主婦(30)は「ブルネイとかモルドバとか突然すごくレアな国からはがきが来てびっくり。郵便事情が悪くて届かないこともあるけど、送り賃は70円だし。ほとんど一度きりのやりとりで気楽」と語る。

 もともと切手や絵はがきを集めるのが趣味だったが、見知らぬ人が自分のことを考えて選び、メッセージをつづってくれた絵はがきはなおさら価値がある。東日本大震災後には「日本頑張れ!」とのメッセージが添えられていて心を打った。英語を学び直すきっかけにもなったという。

(10)ポーランドから。少女の笑顔がかわいい(11)オランダの古都の町並み(12)マレーシアからの一枚と英語の文面((8)〜(12)は記者がやりとりしたもの)

写真

(1)フィンランドのメッセージボトル。中に手紙が(2)ロシアから。古地図をあしらっている(3)ベラルーシのコミカルな絵はがき(4)スペイン・マラガから。コーヒーの注文方法を解説

写真

思わぬ国との縁も

 思わぬ縁ができたり、海外情報を得る人も。東京都の女性会社員(27)は、ポスクロで自分と同じ「マリ」という名前のフィンランド人女性がいると知り、文通を開始。昨夏、現地で対面を果たした。

 海外旅行を計画するのにも役立てている。ボリビアの美しい湖の絵はがきを受け取った時は「何だこのきれいな場所は、と調べていたらますます行きたくなって」。日本のことでも知らないことが多いといい、「メッセージを書くときに調べ、新たな知識が増えるのがうれしい」と話す。

 女性だけでなく、男性愛好者も。名古屋市の男性会社員(31)は「世界で一枚、自分だけに届くはがきは特別。メールやSNSにはない喜びがある」と強調する。 

収集趣味とマッチ

 多くの人が国を超えて楽しんでいる新しい形の“文通”。絵はがき収集が趣味の記者もやってみた。英語に不安を覚えつつニックネームや住所を登録、送り先をリクエストすると、早速ロシアの地図と住所が出てきた。

 6000キロ以上離れたモスクワ近くの都市で、相手はなんと12歳の女の子。自己紹介文を読み、彼女が好きという「ムーミン」のはがきを送った。喜んでくれるといいなと思いつつ、別の誰かからはがきが届くのを気長に待つのはわくわくする。

 若者のコミュニケーション事情に詳しい大阪大大学院の辻大介准教授(47)は「海に手紙入りのボトルを流すような昔からある遊びが、IT時代になってネットの中に戻ってきた。絵はがき収集の趣味ともうまく結び付いている」と分析。特定の人との長い付き合いを目的としない点で、「誰かには受け止められているけど、いつでも切れるような関係が求められているのでは」と話している。

ご当地カード 海外も熱視線

兼六園やホタルイカ…

 ポスクロでは、日本のはがきが人気という。アニメやキャラクターの絵柄はもちろん、各都道府県のお国自慢をかたどった「ご当地フォルムカード」も、海外で「gotochi」と呼ばれ、注目を集めている。

 北海道のクマ、香川のうどんに沖縄のシーサーなど、各地の名所や食べ物がカラフルに切り取られたカードは一枚百八十円。〇九年からその地域の郵便局限定で販売されている。石川、富山では兼六園や金沢の郷土玩具「起上がり」、ホタルイカにチューリップなど八種類がある。

 現在、全百八十九種類を発売。販売元のポスタルスクウェア(東京)は「舞妓(まいこ)さんや雷門などが人気。現地の郵便局でしか買えないため、収集欲をくすぐるのでしょう」。

 ※次回は16日付Love&Sex。「無性愛」を取り上げます。

(5)ウクライナ。セクシーな絵(6)同国の美大生の手描き作品(7)ボリビアのウユニ塩湖((1)〜(7)はポスクロユーザー提供)(8)ドイツの中年男性に。竹久夢二のはがき(9)中国から。送り主は日本アニメ愛好者

写真
 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索