トップ > 北陸中日新聞から > popress > Attention! > 記事

ここから本文

popress【Attention!】注目のトレンドから地元の話題まで
 

やっぱ 紙の年賀状 ネット時代-最新事情

スマートフォンで見ると動画が流れる「AR年賀状」(技術評論社提供)

写真

 何かと慌ただしい師走。「年賀状もまだ」という人が少なくないのでは。メールで済ませたり出さないという若者も多い中、昨今は住所を知らなくても、ネットで簡単に、紙の年賀状が送れるサービスが広がっている。こだわり派には動画や音楽、映画付きの1枚も。最新事情をまとめた。(担当・奥野斐)

写真

住所は相手が入力

 「相手の住所が分からなくても、年賀状が送れる」。そううたうサービスは、2008年に提供を始めたインターネット交流サイト(SNS)のmixi(ミクシィ)を皮切りにここ数年、種類が増えている=表。

 年賀はがきの発行枚数が減少傾向にある中、日本郵便も積極的に各社と連携。「個人情報保護法の影響で、同僚や同級生でも住所を知らないという声を聞くようになった。ネット世代にもこれらのサービスが根付いてくれれば(広報)」と話す。

 各社で特徴や機能は異なるが、住所を知らなくても送れる仕組みはおおよそ共通だ。サイトから年賀状のデザインを選び、メッセージなどを入力して送る相手を指定すると、SNSやメールを通じて相手に年賀状が届く旨が通知される。先方が受け取りを承認し住所を打ち込めば、郵送される。代金は主にクレジットカード決済だ。

写真

手間が省けて便利

 事前に誰から届くか分かってしまう点にサプライズ感は半減するが、利用したことのある金沢市の女性会社員(34)は「はがきを買いに行ったり、住所を聞く手間が省けて便利」という。各社の広報担当者も「どんな絵柄が届くか分からない楽しみはありますから」。

 パソコンやスマートフォンの普及で、利用者も着実に伸びているようだ。5年目になる「ミクシィ年賀状」は累計枚数が350万枚を突破。「簡単に本格的な年賀状を」と掲げる「ウェブポ」も昨年は120万枚販売し、前年の1.5倍に増えた。

 使いやすさや機能も年々充実し、各社ともツイッターやフェイスブックを通じて送れるように。大手検索サイトの「Yahoo!JAPAN年賀状」では今年、ついに携帯電話番号だけでも送付が可能になった。専用のiPhone(アイフォーン)アプリが必要だが、携帯に登録している番号からショートメールで相手に受け取り確認ができるという。

石川県のデザイナーらが手掛けた郷土色豊かな年賀状

写真

絵などに仕掛けも

 送り方が多様化する年賀状だが、はがき自体に仕掛けが施された個性的な商品も。

 目新しいのは、スマートフォンをかざすと、絵が飛び出たり音が出たりする「AR年賀状」。先月、初の素材集を出版した技術評論社(東京)の担当者は「ちょっとした遊び心が演出できる。これから広がってほしい」と期待する。このほか、印刷されたシリアルナンバーをパソコンから専用サイトに打ち込めば、クラシック音楽や映画をダウンロードして楽しめるものも現れた。

 「デジタルは苦手」という人は、郷土色を出してみては。金沢市の企画制作会社アクセス金沢は、石川県のデザイナーら50人が手掛けた「石川らしい」年賀状(同柄3枚450円)を販売。雪つりや鼓門、梅鉢紋などをあしらった絵柄で、同社の黒沢武志代表(34)は「何でもすぐ手に入る時代だからこそ、地域性があり石川にしかないものが喜ばれるのでは」と薦める。

多く出す人 生活が充実

民間会社調査

 年賀状を出す習慣のある人ほど、充実した社会人生活が送れている? 若者の生活文化について調査しているM1・F1総研(東京)が10月に20〜34歳の社会人の男女計約400人に聞いたアンケートで、そんな傾向が明らかになった。

 「今年一年は社会人として充実していたと思う」と答えた人が、年賀状を出す習慣のある人で57.4%と、出さない人の39.7%を上回った。「人間関係がうまくやっていけた」「上司や先輩との関係は良好だった」との項目も、出す習慣のある人が高く、生活の充実度との相関関係も指摘。「年賀状を上手に活用している人は人間関係をきめ細かくメンテナンスできている。出す習慣を身に付けることが、充実した社会人生活の鍵になるのでは」という。

 また、「石川、富山の人は年賀状を書く枚数が多い」という県民性が浮かび上がった調査も。民間気象会社「ウェザーニューズ」(東京)が昨年実施した調査で、1人当たりの年賀状を書く枚数は石川が全国1位の平均56.3枚、富山は2位の53.2枚で、全国の37.3枚を大きく引き離した。

ばくから読者の皆様へ一足早い年賀状

写真

 ※次回は15日付HumanRecipe。バーチャルアイドル初音ミクの楽曲も手掛けるアーティスト椎名もたさんが登場します。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索